消費者金融キャッシング以外の借り入れ方法

記事一覧

自分の収入で返済可能かどうかをよく考えて、複数ローンの併用

複数のローンを併用する場合

家を買う、車を買う、新しい生活に必要な家具を買う、趣味で始めたギターを買うなど、高額の買い物をする際には「ローン」を組むことで支払いの負担を軽くしていくことができます。皆さんもローンを組んで購入したものがあるかと思いますが、そのローンも複数抱えてしまうと返済時に悪影響が現れてしまうことがあるので注意が必要です。

支払いの負担を軽くするために組んだローンであるにもかかわらず、複数のローンを抱えてしまうことで金銭的負担が一気に増えてしまう恐れもあります。もし複数のローンを併用する場合には、自分の力で返済していくことができるかどうか、よく考えてから利用することをおすすめします。

例えば、新しく家を買うために「住宅ローン」を組んだという場合、車もそろそろ買い替える時期になってきた、という状況になることも決して珍しいことではありませんよね。車を買い替える際には「自動車ローン」を組んで新車や中古車を購入することになりますが、こうして見ると住宅ローンと自動車ローンを同じ時期に支払っていかなければならないことになります。

全体的な返済期間としては、より高額の買い物となる住宅ローンの方が長期の返済となりますが、車の購入額によっては自動車ローンの支払いも大きな負担になることもあります。こうした高額のローンを併用しても、収入面が十分であれば問題なく返済していくことができるのですが、もし収入面に少しでも不安があるような場合は、本当に返済が可能かどうか一度冷静になって考え直してみるようにしましょう。

ローンを組むことは「借金をする」こと

ローンを組むということは「借金をする」ということですし、借金を返すのはローンを契約した皆さん自身であるため、ローンを組む前にはあらかじめ返済に関する計画を立てておかなければなりません。こうした返済計画については、ローンサービスに限らず消費者金融のキャッシングサービスを利用する際にも必須事項ですし、近年人気となっている銀行系消費者金融のキャッシングサービスを利用する際にも計画性を持つことが重要とされています。

ローンを組むことと同様、キャッシングサービスを利用する時にも「借金をしている」という意識を強く持つことが必要ですから、安易な気持ちでお金を借りるようなことは絶対にやめておきましょう。消費者金融や銀行系消費者金融キャッシングは、ローンサービスに比べて審査基準が甘いため、余程の問題を抱えていない限りは誰でも簡単に利用することができます。ただ利用しやすい反面、しっかり自制心を持って利用しなければ様々なトラブルを起こしてしまうリスクも高くなります。

特に返済トラブルは利用者に原因があることがほとんどであるため、利用者一人一人が気をつけていかなければならない問題とされています。キャッシングサービスにおいて返済は義務となっていますし、ローンを組む際にも同様に返済は必要不可欠なものとなっていますから、今後複数のローンを組む場合には申し込む前に「自分が本当に返済できるかどうか」しっかり見つめ直すようにしてください。

収入面が特に大事ですから、もし複数のローンを返済することができないような状況である場合は、ローンを組むことに対してまた一から計画を立て直してみることをおすすめします。「必ず返済できる」という確実性がある場合のみ、複数のローンを併用するようにしましょう。

消費者金融キャッシングからの借り入れがあってもローンは組める?

高額融資が中心の銀行のローンサービス

金融機関からお金を借りる方法の一つに、銀行のローンサービスを利用した方法があります。銀行では様々な目的に合わせたローンサービスを提供しているため、皆さんの目的に沿ったサービスを利用することで適切にローンを組むことができるようになっています。銀行のローンサービスは高額の融資を中心に行なっていることから、低金利で借りられる点も特徴的です。金利は利息の計算にも大きく関わっていますから、低金利であるほど総返済額も少なくなり、支払いの負担も軽減させることができるというわけですね。

特に家を建てるための「住宅ローン」などは非常に高額ですし、ローン返済期間も長期となるので、金利が低い分だけ支払いを楽にしていくことができます。皆さんもローンサービスを選ぶ際には金利によく注目してみると良いでしょう。しかし、銀行のローンサービスは審査基準が厳しいことも特徴であるため、人によってはローンを組むことができない場合もあります。特に消費者金融のキャッシングサービスで借り入れがある場合などは、銀行で新たにローンを組むことは難しくなっています。

既にキャッシングで借り入れがある場合は注意!

消費者金融のキャッシングサービスは高金利ですが審査基準が甘く、誰でも利用しやすい点がメリットであるサービスです。申込み方法も簡単ですし、正しく利用すればとても便利であることから、繰り返しキャッシングを利用する人が多く見られています。しかし、これから高額のローンを組むにあたって既にキャッシングを利用して借り入れがあるとなると、ローンサービスを提供する銀行側としても利用者としての信頼性の面で問題視してしまうことがあるのです。

借り入れ金額が少なかったり、完済することができていたり、ローンを組むにあたって返済に関するトラブルなどが少ないと見られる場合は別ですが、現在キャッシングサービスへ返済中であるとか、複数の消費者金融を利用しているとか、利用者自身に問題が見られる場合は新たにローンを組むことを断られてしまうケースがほとんどです。これは消費者金融だけではなく、近年人気となっている「銀行系消費者金融」のキャッシングサービスを利用する場合も同様に注意が必要です。

銀行系消費者金融でのキャッシングもまずは完済を

銀行系消費者金融とは、銀行と消費者金融が提携してキャッシングサービスを行なっている金融機関のことで、サービス内容としても銀行と消費者金融のちょうど中間にあたる特徴を持っています。金利の面で見ると銀行より少し高く消費者金融より低くなっているので、消費者金融のキャッシングサービスを利用する場合よりも銀行系消費者金融でキャッシングした方が返済の負担を軽くすることができます。

審査の面では消費者金融よりも少し基準が厳しくなっていますが、金利としては銀行とあまり変わらない場合も多いので、少しお金が必要な場合にはとても便利なサービスとされています。このように銀行系消費者金融は比較的安心して利用できるサービスではありますが、やはり新たにローンを組みたいような場合には、銀行系消費者金融から借り入れがあることもローン審査に大きく影響してきてしまいます。

高額のローンを組むためには、皆さんの利用者としての信頼性が重要となっていますので、現在キャッシングサービスを利用している場合は全て完済しておくこと、ローンを組んだらキャッシングサービスは利用しないようにすることをしっかり意識しておきましょう。

行政サービスでお金を借りる!「社会福祉協議会」からの借り入れ

キャッシングローンを利用できない場合

必要であるはずのお金が無い・・・といった場合には、銀行で提供されているフリーローンや、消費者金融または銀行系消費者金融で提供されているキャッシングサービスなどを利用することで、必要なお金を借りることが可能となっています。銀行のフリーローンについては無担保で多目的に利用できますし、キャッシングサービスは申込み方法も簡単で審査も比較的通りやすくなっているので、誰でも利用しやすいサービスである点にメリットがあります。

しかし、現在失業中である場合や収入が極端に少なく生活をしていくのもやっとの状況という場合には、こうしたローンサービスやキャッシングサービスを利用することは大変難しくなっています。まず、ローンを組むにしてもキャッシングサービスを利用するにしても、仕事をして安定した収入を得ていることが審査に通るための大前提です。無職である場合、収入を得ていても不安定である場合には「返済能力が無い」と判断されるため、金融機関からお金を借りることは不可能です。

それでも生活をしていくためにはある程度のお金は必要ですよね。そんな皆さんには「社会福祉協議会」からお金を借りてみることをおすすめします。

「社会福祉協議会」からの借り入れ

社会福祉協議会は行政サービスの一種で、条件に合えば社会福祉協議会から「世帯更生資金」として借り入れを行なうことができるようになっています。つまり皆さんは行政からお金を借りるということになりますから、本当に必要である場合以外はこうした制度を利用することはできません。

世帯更生資金と銘打っていますので、どこか旅行に出かけたり、家具や家電を買ったりといったような個人的な目的には一切利用できませんし、現在返済中のローンを支払うためにお金を借りることはもちろん不可能です。あくまでも生活をしていくために必要なお金を支給してもらうためのサービスとなっていますから、その点についてはあらかじめよく理解しておくようにしましょう。

また、社会福祉協議会からお金を借りるためには様々な条件に見合っていなければなりません。世帯更生資金を借り入れるための条件としては、まず年収が360万円以下であること、年齢が満20歳以上であること、現住所に半年以上居住していること、市民税・県民税を納付していること、連帯保証人がついていることなどが挙げられ、こうした条件に見合っていない場合はお金を借りることはできません。特に低所得であることは重要ですし、市民税や県民税の納付についても重要なポイントとなっているため、もし納付していないような場合は最低1ヶ月でも良いので納付することが条件とされています。

また連帯保証人については、ローンサービスなどにも必要となる場合がありますが、社会福祉協議会からお金を借りる際にも連帯保証人をつけなければなりません。連体保証人の人数については1人でも良い場合もありますし、2人つけなければ借り入れが不可能という場合もありますので、まずは社会福祉協議会までそ相談してみましょう。

また、社会福祉協議会に借り入れを申し込んでも、すぐに融資を受けられるわけではありません。ローンサービスやキャッシングサービスを利用する際と同様、審査を受ける必要がありますし、審査に通ることができない場合はお金を借りることはできませんので、このような点も理解した上で申し込むようにしましょう。

利用者の状況によっては連体保証人をつけなければならない場合も

連体保証人が必要ないキャッシングサービス

私達が金融機関からお金を借りる方法としては、銀行のローンサービスを利用する他、クレジットカードのキャッシング枠を利用する、消費者金融のキャッシングサービスを利用するなど、幅広い方法を挙げることができます。また近年では銀行と消費者金融が提携している「消費者金融」でもキャッシングサービスの利用者が増えてきていますので、より様々な方法でお金を借りることができるようになっています。

「モビット」も消費者金融の一つで、低金利でキャッシングを利用できる点が大変人気となっています。消費者金融の金利設定は、銀行と消費者金融のちょうど中間にあたるため、銀行に比べれば金利は少し高めとなっているものの、通常の消費者金融と比べると低金利でお金を借りることができる点に大きなメリットがあります。モビットに関して見てみると、申込み方法も簡単ですし、借り入れ限度額も500万円までとなっているので、非常に利用しやすいキャッシングサービスとなっていることが特徴的です。

また、モビットをはじめとした消費者金融のキャッシングサービスを利用する際には、基本的に「連帯保証人」を必要としていないため、申込み手続きに関してもスムーズに行なえるようになっています。もちろん消費者金融だけではなく、通常の消費者金融におけるキャッシングサービスでも、連帯保証人をつけずにお金を借りることが一般的です。

キャッシングサービスは「無担保」で少ない金額を借りる利用者がほとんどであることから、基本的には連帯保証人をつける必要がないとされています。ただし、場合によってはキャッシングサービスを利用する際にも連帯保証人が必要となるケースもありますので、その場合は家族や親族などに保証人になってくれるようお願いするようにしましょう。

利用者の状況によっては保証人が必要となる場合も

このように、キャッシングサービスでは連帯保証人をつけないことが一般的となっていますが、銀行のローンサービスの利用者の状況によっては連帯保証人の必要性に十分注意しておかなければなりません。銀行のローンサービスは消費者金融や消費者金融とは異なり、高額の融資を目的としている利用者がほとんどです。

ローンサービスの内容自体も家を購入する際の「住宅ローン」車を購入する際の「自動車ローン」など、高額の融資を受けることが多いので、契約者の状況によっては保証人無しで審査に通ることが難しくなっているのです。反対に連帯保証人をつけることで、ローンサービスを利用できるようになるとも言えます。

例えば、収入がローンを組める状態ではないような場合は、連帯保証人をつけることで審査に通ることができる可能性が高くなりますし、未成年者が自動車ローンを組む場合にも保護者などが連帯保証人となれば、無事にローンの契約を結ぶことができます。連体保証人は契約者本人が「確実に返済できる」という旨を保証するために存在しているものであり、もし契約者がローンを返済できなくなってしまった場合に返済を肩代わりする立場となっています。

そのため契約者のために連帯保証人になる、というケースがほとんどではありますが、連帯保証人になる側の皆さんは安易に保証人になることのないよう注意しておきましょう。連帯保証人は言わば契約者と一緒にローンを組んでいるということになりますから、契約者本人の信頼性やローンの返済についてよく考えた上で保証人になるようにしましょう。

ローンサービスやクレジットカードの利用にも審査は必要不可欠

消費者金融や消費者金融のキャッシングサービス

以前は「サラ金」という名称で呼ばれていた消費者金融や、近年人気となっている消費者金融が提供している「キャッシングサービス」では、審査を受けることが必要不可欠となっています。稀に「無審査でキャッシングが利用できる!」といった広告を見かけることもあるかと思いますが、そのようなキャッシング会社は悪徳業者が関わっている恐れが高いので、絶対に利用しないように注意しておきましょう。

キャッシングサービスの利用において、審査は利用者の信頼性を判断するために必須とされています。消費者金融は、本当にお金を貸して良い相手かどうか、審査によって皆さんを判断することになりますので、キャッシングサービスを利用してお金を借りるのであれば、審査は避けて通れないものと考えておきましょう。また、こうした審査はキャッシングサービスだけではなく、銀行のローンサービスを利用する際にも、クレジットカードを作る際にも関わってくるものとなっています。

銀行のローンサービスにも審査は必須

銀行では様々なローンサービスが扱われていますが、どのローンサービスを利用する場合にも必ず審査は受けなければなりません。皆さんが銀行でローンを組む際には高額の融資を目的としていることがほとんどかと思いますが、そのため銀行の審査基準はキャッシングサービスよりも厳しくなっていることが特徴的です。

キャッシングサービスの利用者は少ない金額を借りることが目的であり、キャッシングサービス自体も少ない金額から借りることができるシステムとなっています。三井住友銀行グループのモビットを例にとって見てみると、その特徴が明らかになります。モビットでは1万円から500万円が借り入れ限度額となっているので、1万円借りるだけでもキャッシングサービスを利用することが可能となっており、少ない金額からでも気軽に借りることができる点がキャッシングサービスの大きなメリットとなっています。

しかし、銀行のローンサービスの場合は基本的には家を買ったり、車を買ったりと、高額の買い物をする際にローンを組むケースが多く、少ない金額から借りる利用者はそれほど多くはありません。まとめて資金を必要としている場合に役立つサービスが銀行ローンなので、たくさん融資を受けられる分だけ審査基準も厳しくなっているというわけです。

クレジットカードもキャッシングローンの一種

また、同様にクレジットカードを作る際にも必ず審査を受けることになります。クレジットカードを持っている皆さんはとても多いかと思いますが、クレジットカードの利用もまたお金を借りていることになりますから、キャッシングローンの一種と考えておくと良いでしょう。皆さんの収入が十分でなければクレジットカードは発行できませんし、キャッシング枠を設けたいような場合も収入が見合っていなければ希望している限度額を設定することはできません。

皆さんはカード会社から一時的にお金を借りている立場なので、まずは「仕事をして安定した収入を得ているか」といった審査に通るための最低基準をクリアすることを考えておきましょう。この審査の最低基準はキャッシングサービスにもローンサービスにも同様に当てはまります。金融機関やカード会社からお金を借りるためには、審査が必要不可欠であることをよく覚えておくようにしましょう。

海外旅行先でも安心!突然の出費には「海外キャッシング」がおすすめ

クレジットカードでキャッシング

私達が通常利用しているクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という利用枠が設けられています。ショッピング枠は買い物を利用する際に利用する枠のことで、クレジットカードの主な役割がこのショッピング枠となっていますが、クレジットカードによってはキャッシング枠が設けられている場合もあります。キャッシング枠が設けられているクレジットカードは、カードを使ってお金を引き出すことが可能となっていることが特徴です。

皆さんがクレジットカードの申込みを行なう際には、キャッシング枠を設けるか・設けないかといった旨を決めることができますから、もしカードを使ってキャッシングしたいような場合はキャッシング枠も設けられているクレジットカードを作ってみると良いでしょう。

収入面などに問題がある場合は希望していた利用限度額以下のキャッシング枠となってしまう場合もありますし、人によってはキャッシング枠を設けることをカード会社から断られてしまう場合もありますから、あらかじめ自分がキャッシング枠を利用できる状況であるかどうかを客観的に見直しておくことも大切です。まずは審査を受けてみなければ分かりませんが、この状態でキャッシングを利用できるようにしてしまうことは危険だ、と自制をかけておくことも必要ですよ。

突然の出費には「海外キャッシング」がおすすめ

また、こうしたクレジットカードのキャッシング枠については、海外でも利用することができる点もメリットの一つとなっています。例えば、海外出張や海外旅行の際に現金が足りなくなってしまった・・・という経験はないでしょうか?必要なお金は持っていたものの、突然の出費が重なった場合には現金が足りなくなってしまうこともありますよね。「海外キャッシング」のサービスは突然の出費にも対応してくれますので、海外に出かける際はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

出張先や旅行先で利用する際の方法としては、国内におけるキャッシング時と同様、提携ATMを利用してお金を引き出すことが可能です。現地の空港や銀行に設置されているATMを利用することで簡単にキャッシングできますので、海外でも安心して利用することができます。支払いについても通常のクレジットカードサービスと同じくカード会社から請求されることになりますから、支払いに関する大きな負担などもありません。

ただし、海外でもお金の借りすぎには十分に注意しておきましょう。海外キャッシングは便利であるため、ついつい現地で借りすぎてしまった・・・という利用者も少なくありません。国内でも海外でもキャッシングを利用していることには変わりはありませんので、自分が「お金を借りている」ということを意識した上で、キャッシングの手続きを行なうようにしましょう。

国内のキャッシングは消費者金融でも

また、国内で利用できるキャッシングサービスとしてはクレジットカードのキャッシング枠だけではなく、消費者金融や消費者金融でも同様に提供されています。近年では特に消費者金融が人気で、三井住友銀行グループのモビットは消費者金融であることが特徴となっています。

キャッシングサービスは全体的に金利は高めに設定されていますが、消費者金融によっては銀行と同じ程度の金利でお金を借りることも可能です。消費者金融の審査基準は銀行よりも甘めで、少ない金額から借りることもできますので、今すぐお金が必要!という場合は消費者金融を利用してみても良いでしょう。

ショッピング枠なのにお金を借りられる?現金化の罠にハマらないで

クレジットカードの利用限度額

高額な買い物をする場合、買い物をしたいけれど金銭的に余裕がない場合には「クレジットカード」が便利です。クレジットカードを利用することで、皆さんは一時的にカード会社からお金を借りることができます。それが「利用限度額」として定められているもので、利用者それぞれ限度額は異なっています。

クレジットカードは主に「ショッピング枠」を利用することになりますが、ショッピング枠が50万円利用できる人もいれば100万円利用できる人もいるため、利用者それぞれ限度が決められていることが特徴となっています。クレジットカードについては「キャッシング枠」言えることですし、こうした特徴は、キャッシング会社の「キャッシングサービス」にも同様にあるもので、利用限度額以上の金額は借りることができなくなっているのです。

近年では銀行と消費者金融が提携している消費者金融なども人気ですが、消費者金融のキャッシングサービスでも必ず利用限度額は決められます。三井住友銀行グループのモビットも消費者金融の一つですが、キャッシングサービス全体の限度額は1万円から500万円までとなっています。もちろん誰でも500万円まで借りられるわけではなく、審査によって決められますので、利用前にあらかじめ理解しておきましょう。

ショッピング枠の「現金化」は利用しないで

このように、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠、キャッシングサービスの利用においては限度額が決められているので、一人一人が気をつけながら利用していきましょう。また、クレジットカードを利用する際に気をつけておくこととしては、危険なサービスを利用しないようにすることも挙げられます。近年問題となっているクレジットカードのショッピング枠を利用した「現金化」と呼ばれるサービスは、大変危険なものなので絶対に利用しないようにしてください。

ショッピング枠の現金化は、皆さんがショッピング枠を利用して現金化業者が指定した商品を購入し、その購入額をキャッシュバックしてもらうことで現金化される仕組みとなっています。一見すると便利なサービスに感じますが、皆さんはカード会社からキャッシュバックされているわけでなく、現金化業者からキャッシュバックされているため、ショッピング枠を利用した現金化についてはカード会社は関係していません。

クレジットカードのショッピング枠を利用して買い物をした、という事実はあるものの、カード会社は購入額をキャッシュバックするようなサービスは行っていませんので、この点についてはしっかり理解しておきましょう。

現金化サービスを利用してしまった場合は国民生活センターに

そして各カード会社としても、ショッピング枠の現金化については利用しないよう注意を促しています。現金化サービスを利用することで皆さんが様々なトラブルに巻き込まれてしまう恐れもありますし、皆さん自身もカード会社からの請求が来れば結局は商品の購入額を支払わなければなりません。得であるように見えて損をしてしまうことも多いサービスですから、クレジットカードを利用する際には現金化サービスの罠にハマらないよう気をつけておきましょう。

もしショッピング枠の現金化に手を出してしまった場合は、速やかに国民生活センターなどの専門機関に相談してください。国民生活センターでは、現金化サービスによるトラブルだけではなく、キャッシングに関わる様々なトラブルを対処してもらうことができます。キャッシングサービスを利用した際にトラブルが起きた場合にも一人で悩まず、早めの相談を心がけてくださいね。

クレジットカードで借りる!キャッシング枠を上手く利用するために

ショッピング枠とキャッシング枠の使い道

買い物に便利な「クレジットカード」。皆さんも何枚か所有していることかと思いますが、クレジットカードでは買い物だけではなく、お金も借りることができます。クレジットカードには大きく「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの利用枠が設けられています。ショッピング枠は買い物をする際に利用される枠、そしてキャッシング枠はお金を借りることのできる利用枠となっています。

買い物をする際に利用することが一般的なクレジットカードですが、キャッシング枠も設けることでよりカードの利用範囲が広まります。クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を設ける旨を決めることができますので、クレジットカードを利用してお金を借りたい場合は、キャッシング枠も設けられているクレジットカードを作ると良いでしょう。

キャッシング枠を上手く利用するためには

では、クレジットカードのキャッシング枠はどのような場合に便利なものとなっているのでしょうか?ここからはクレジットカードのキャッシング枠を上手く利用するためのコツについて見ていくことにしましょう。クレジットカードは皆さんがカード会社からお金を借りるという仕組みになっていますが、このようなキャッシング枠と似た仕組みを持っているサービスとして、消費者金融「キャッシングサービス」が挙げられます。

キャッシングサービスを利用することで皆さんは自由にお金を借りることができますし、正しく利用していれば繰り返し利用することも可能です。ただキャッシングサービスは常習性が高く、何度もキャッシングすることに慣れてしまい、結果として返済トラブルを起こしてしまう利用者も少なくありません。

こうした問題はクレジットカードのキャッシング枠を利用する際にも起きる恐れがあるため、キャッシング枠の利用を考えている皆さんも注意が必要です。金融機関やカード会社からお金を借りる際には、このような注意点をしっかり守らなければなりませんので、あらかじめ理解しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を上手く利用するためには、キャッシングのルールを守ることが大前提となっています。まずはお金を借りることについてよく考えておくようにしてください。その上でクレジットカードのキャッシング枠上手くを利用するためのコツについて見ていきます。

やはりキャッシング枠を上手く利用するためには、利用者自身のキャッシングに対する考え方が重要とされています。例えば、キャッシング枠は利用者それぞれ限度額が決められていますが、その限度額を目一杯使ってしまうことは非常に危険です。皆さんはカード会社からお金を借りている立場ですから、借りたお金は必ず返さなければなりません。

いくら限度額に余裕があるからといってたくさんお金を借りてしまうと、カード会社から請求されても支払うことができなくなってしまいます。クレジットカードのキャッシング枠を上手く利用するためには、「必要な時だけ使う」ということが重要なポイントですので、絶対に誤った方法で利用することはやめておきましょう。

キャッシングサービスを利用する際も気をつけて

使いたい時に使えることがクレジットカードのキャッシング枠の特徴ですが、後の支払いのことについてよく考えた上で利用するよう心がけてください。これは消費者金融や消費者金融のキャッシングサービスを利用する際にも十分に注意しておきましょう。

消費者金融である「モビット」でも、キャッシングサービスの利用者に対して無理な借り入れは行わないよう注意を促しています。キャッシングを上手く利用するということは、決して自分の思い通りに利用しても良い、ということではありません。しっかり計画性を持って利用するようにしましょう。

クレジットカードを使ったショッピングもローンの利用方法の一つ

クレジットカードを使ったショッピング

皆さんは「クレジットカード」を使ってショッピングしたことはあるでしょうか?現在は様々なカード会社があるので、クレジットカードをたくさん持っている皆さんも多いことかと思います。このクレジットカードによるショッピングは、皆さんがカード会社からお金を借りて様々な物を買ったり、サービスを利用したりすることができる仕組みであるため、クレジットカードもローンサービスの一つと考えることができます。

クレジットカードを所持しているのは皆さん自身ですが、クレジットカードで支払える金額はカード会社から借りたお金ということになります。銀行などで提供されている様々なローンサービスと同様、皆さんは借りたお金を使うことになるので、使う金額には十分に気をつけておく必要があるのです。利用者それぞれでクレジットカードの利用限度額は異なってはいますから、皆さんはその限度額内であれば自由にショッピングを楽しむことができます。

もちろん、使った金額はカード会社から請求されるのでしっかり支払わなければなりませんが、限度額内であればどれだけ使っても問題ありません。しかし、クレジットカードの利用限度額ギリギリになるまで使ってしまうと、後に支払う際に大きな負担がかかることになるので、あらかじめ注意しておきましょう。

カード一枚でショッピングができてしまうためとても便利なものではありますが、使いすぎは禁物です。カード会社から借りたお金でショッピングをしている、ということをよく理解した上で利用するようにしましょう。クレジットカードを使ってどのようなものを買ったか、どのようなサービスを利用したのか、利用する毎に金額を細かくチェックしておくことがおすすめです。必ず自分で支払える金額だけを使うようにしましょう。

クレジットカードの「キャッシング枠」とは

このようなショッピングに使うことができるクレジットカードの利用枠は「ショッピング枠」と呼ばれています。買い物など様々なサービスを利用するために設けられた枠で、クレジットカードの基本的な役割となっています。ただ、クレジットカードによってはショッピング枠以外に「キャッシング枠」が設けられているものもあるので、その場合はショッピング枠で買い物をする他、キャッシング枠を利用してお金を借りることもできるようになっています。

キャッシング枠については、全てのクレジットカードに設けられているわけではなく、カード会社に申し込む際にキャッシング枠を設けるか、設けないかを選ぶことができるため、キャッシング枠が必要ない場合はショッピング枠のみのクレジットカードを作ることができます。

また、キャッシング枠を設けたい場合にも、皆さんの収入状況などによっては審査が通らないことがあるので、あらかじめ理解の上で申し込むようにしてください。皆さんが希望している限度額よりも少ない限度額になる場合もありますが、これも皆さんが安全にクレジットカードを利用するためですから、そのような点も理解し、キャッシング枠を利用するようにしましょう。

カードローンの利用限度額にも注意

こうした利用限度額については、キャッシングサービスの「カードローン」などにも当てはまる問題ですので、カードローンを利用する際にも気をつけておきましょう。モビットでもカードローンによるキャッシングは人気ですが、モビットの審査基準に見合わない場合はキャッシングサービスを利用することはできません。クレジットカードを利用する場合もカードローンを利用する場合も、皆さんが利用できる限度額についてしっかり把握しておくよう注意してください。

用途によって使い分けられる!銀行のローンサービスの主な利用目的

金融機関からお金を借りる方法の一つに、銀行のローンサービスを利用する方法があります。様々な用途に利用することができるローンサービスは、目的によってサービス内容も異なり、同じ目的に合わせたローンサービスでも銀行によってそれぞれ特徴があるため、皆さんに合ったサービスを探すこともできるようになっています。

銀行のローンサービスの利用目的

では、銀行のローンサービスにおける利用目的には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?まず代表的なものとしては、新居を購入する際に利用できる「住宅ローン」が挙げられます。家の購入金額は大変高額となりますから、現金で一括払いするようなことは非常に難しいものですよね。

住宅ローンはそのような高額の家を購入する際に、銀行から融資を受けることができるサービスであるため、銀行から借りたお金で家を購入することができるというわけです。各銀行によって住宅ローンサービスの内容は異なりますし、それぞれの銀行では金利にも差があるので、住宅ローンを利用する際にはいくつかの銀行のサービス内容をあらかじめ比較しておくと良いでしょう。

また、住宅ローンと同様に高額なローンを組まなければならない利用目的として、車を購入する際の「自動車ローン」も挙げられます。新車にしても中古車にしても、車の購入金額は高額となっていますから、自動車ローンを組むことで金銭的な負担を軽減させることが可能となっています。自動車ローンの場合も住宅ローンと同様、各銀行によってサービス内容や金利に異なる部分がありますので、しっかり比較して皆さんに合ったローンサービスを選ぶようにしましょう。

未成年者が学生におすすめのローンも

銀行ではこのような住宅ローンや自動車ローンといった代表的なサービスの他、様々な利用目的に合わせてローンを組むことも可能です。例えば、旅行の際にローンを組むことができる「トラベルローン」は、未成年者や学生の皆さんにもおすすめのローンサービスとなっています。基本的に未成年者は金融機関でお金を借りることはできませんから、銀行でローンを組むこともできないことが普通です。しかし、トラベルローンは学生旅行や卒業旅行などにも対応しているため、未成年者や学生の皆さんでも利用することができるのです。

また、ローンサービスはパートやアルバイトなど雇用や収入が不安定な場合は利用できないケースもありますが、結婚式関連の費用に充てられる「ブライダルローン」については、契約者の雇用がパートやアルバイトである場合も利用できることが多いので、若いカップルにも人気のローンサービスであることが特徴的です。もちろん、審査基準や条件は銀行によって異なることもありますから、融資を申し込む前によくチェックしておきましょう。

カードローンは銀行系消費者金融でも利用可能

その他、銀行では利用目的が自由な「フリーローン」やカードを利用してお金を借りることのできる「カードローン」も人気のサービスとなっています。また、カードローンは銀行系消費者金融でも扱われていますが、銀行系消費者金融のカードローンは銀行のカードローンに比べて審査基準が甘めに設定されているので、銀行よりも利用しやすい点がメリットとして挙げられます。

銀行系消費者金融のサービスは、基本的に消費者金融のキャッシングサービスですから、より少ない金額から借りられる点も特徴的ですね。今すぐにお金を必要としている場合、少しの金額を借りたい場合には、銀行よりも銀行系消費者金融のキャッシングサービスの方が適しています。様々なローンサービスを使い分けるように、銀行と銀行系消費者金融のサービスも皆さんの目的によって使い分けてみると良いでしょう。

1