モビット

キャッシングを利用しても問題ない人・利用は避けた方が良い人

安全性の高い「消費者金融」

ちょっとお金が必要になった場合に便利なキャッシングサービスは、消費者金融で利用することができます。近年では銀行と提携している「消費者金融」も人気ですが、もちろん消費者金融でもキャッシングサービスは利用可能です。「モビット」もこの消費者金融の一つです。銀行と提携していることから、通常の消費者金融よりも安全性が高く、利用者も増加傾向にあるようです。

しかし、キャッシングサービスは決して軽い気持ちで利用して良いものではありませんし、実際は利用を避けた方が良い皆さんも多く見られているものです。もちろん利用するにあたって何の問題もなく、安全にキャッシングすることが可能な皆さんもいますが、場合によってはキャッシングすることでより負担を増やしてしまうこともあるので、キャッシングサービスを利用する前にはあらかじめよく理解しておく必要があります。ここからはキャッシングを利用しても問題ない人、キャッシングの利用を避けた方が良い人の特徴について見ていくことにしましょう。

キャッシングサービスを問題なく利用できる人

まずはキャッシングを問題なく利用できる人の特徴となりますが、第一に仕事が安定していて収入が十分にある人が当てはまります。キャッシングサービスを利用する際、重要となるのが「返済」です。皆さんがキャッシングサービスを利用して借りたお金は、皆さん自身が必ず返さなければならないお金となりますから、確実に返済できる分だけの収入がなければ完済できない恐れが考えられます。つまり、返済トラブルを起こしてしまう場合もある、ということなので、安定した仕事で得られる収入は審査を受ける際に重要視されるポイントとなっています。

収入面に問題がなければ、審査にも比較的通りやすく、キャッシングサービスも簡単に利用することができます。また、現在借金を抱えていない、過去に返済トラブルを起こした経験がない、といった点についてもキャッシングサービスを問題なく利用できる人に当てはまりますね。反対に他の消費者金融で既にお金を借りているとか、以前返済を延滞してしまったとか、何からの問題が見られるような場合は、キャッシングサービスを利用することは難しくなります。

借金がある場合はキャッシングの利用を避けて

中でも借金がある人は、利用者本人からキャッシングを利用することを避けることをおすすめします。消費者金融や消費者金融の場合、銀行のローンサービスとは異なり、既に借金があっても借り入れが可能となることもあります。借金の額によっては審査の段階で断られる場合もありますが、審査に通ることができてしまうと、借金をしていてもさらに借り入れが可能、という状態になってしまいます。

審査に通っているのだから問題はない、と思う皆さんも多いかもしれませんが、既に借金がある状態でさらに借金を重ねるということは、大変危険なことです。皆さんが自分自身の負担を増やしてしまうことになりますから、もし既に借金があるなら自らキャッシングの利用を避けることをおすすめします。

中には他の消費者金融から借りたお金を返す目的でキャッシングを利用してしまう、という利用者も見られていますが、このようなキャッシングの利用方法も危険なのでやめておきましょう。キャッシングは借金を返すためのお金を借りるサービスではありませんので、皆さんも今一度キャッシングを利用する目的についてよく考えてみるようにしてください。

本当に返済できるかチェックを、お金を借りる時は必ず立てる返済計画

タダで利用できるわけではないキャッシング

審査に無事通ることができれば、誰でも自由にお金を借りることができるキャッシングサービスですが、お金を借りたら借りた分だけしっかり返済しなければなりません。さらにキャッシングサービスはタダで利用できるものではありませんから、手数料も支払う必要があります。

キャッシングにおける手数料とは「金利」のことで、皆さんはこの金利、借り入れ金額、借り入れ期間から計算される「利息」を支払うことが義務となっています。借りた金額をそのまま返せば良い、というわけではなく、利息も含めた金額を返済することになりますので、キャッシングを利用する際にはあらかじめ理解しておきましょう。また、お金を借りる時には必ず「返済計画」を立てておくことが大切です。

キャッシングの「返済計画」は必ず立てて

返済はキャッシングの利用者における義務となっていますが、中には返済期日を守れなかったり、延滞してしまったりする利用者も見られています。これは返済計画を立てていないことや、計画を立てても現実的に無理があるような場合などが大きな影響となっているので、返済トラブルを起こさないようにするためには、まず皆さんのライフスタイルに合った返済計画を立てることが必要となります。

しかし、キャッシング初心者の皆さんの場合はどのように返済計画を立てれば良いか分からない、ということもありますよね。そんな皆さんにおすすめなのが「返済シミュレーション」です。各キャッシング会社では、ホームページで返済シミュレーションを行うことができるようになっていますので、まずは皆さんが利用しようと考えているキャッシング会社の返済シミュレーションを行ってみましょう。

返済シミュレーションは、皆さんの収入と借り入れ金額から、毎月の返済額・利息・返済期間・総返済額などを算出することができます。つまり、返済シミュレーションを行っておくことで、借り入れ金額に対してどの程度利息がつくか、毎月どの程度返済すれば良いか、借り入れ期間はどの程度になるか、といった問題を一気に解決することができるのです。

モビットの返済・審査シミュレーション

こうした返済シミュレーションは、三井住友銀行グループのモビットでも行えるので、モビットでキャッシングを利用する際にも必ず返済シミュレーションを行ってから融資を申し込むようにしましょう。また返済シミュレーションは借り入れの手続きのたびに行う必要があります。最初の借り入れ時だけではなく、毎回お金を借りるたびに返済シミュレーションを行うことが重要なので、利用の際は十分に注意しておきましょう。

さらにモビットでは「審査シミュレーション」を行うことも可能となっています。返済シミュレーションは返済計画を立てる際に役立つサービスですが、審査シミュレーションではあらかじめキャッシング審査がどのようなものかチェックしておくことができる点が特徴的です。キャッシング審査に通ることができるかどうか不安な場合はもちろん、実際に審査を受ける前にシミュレーションをしておくことで、自分はキャッシングを利用しても良い状況かどうかを客観的に判断してもらうことができます。

審査シミュレーションにはお金を借りすぎることをあらかじめ防ぎ、返済トラブルを起きにくくするメリットがありますので、モビットのキャッシングサービスを利用する前には必ず審査シミュレーションを行っておきましょう。

お金を借りたい気持ちを上手くセーブして、利用者に必要な自制心

前回お話ししたように、複数のキャッシングサービスの利用は自分自身を苦しめてしまう恐れもあるので十分な注意が必要です。もし皆さんが複数の消費者金融と契約できる状態であっても、必要以上のお金を借りないために複数のキャッシングサービス利用は控えておくことをおすすめします。また、一社との契約である場合も「自制心」を持たずにキャッシングを利用することは非常に危険です。今回はキャッシング利用者に必要な自制心について見ていくことにしましょう。

お金を借りたい気持ちを上手くセーブして

自制心とは自分の心を制すること、つまりキャッシングにおいてはお金を借りたいという気持ちをセーブすることになります。キャッシングサービスは無事審査に通ることができればその後は簡単にお金を借りることができるようになり、決められた借り入れ限度額を超えなければ自由にキャッシングを利用することができます。

しかし、いくら自由とはいっても自分で返済できない程の金額を借りてしまうと、返済時に皆さん自身が困ることになりますよね。皆さんの借り入れ金額は収入や就業状況などから決められることになるのですが、決められた借り入れ限度額ギリギリまでお金を借りるようなことは絶対にやめておきましょう。

実際には限度額内であればどれだけ借りても構いませんし、利用者である皆さんの自由ではあります。だからといってキャッシングサービスの利用を続けていけば皆さんの返済額はどんどん嵩んでいき、とても計画的に返済できる状態ではなくなってしまうケースもあるので、キャッシングの利用者にはお金を借りたいという気持ちをセーブさせる自制心が必要となっているのです。

自制心を持っている人は、借り入れ限度額が高く設定されていたとしても自分が今必要な金額のみ借りるため、返済に困るようなことは滅多にありません。そもそもキャッシングサービス自体「必要な時に必要な金額を借りる」ことを目的としていると私は考えていますから、まず必要ではない時にキャッシングサービスを利用してお金を借りることにも問題があります。

その上、自制心も無いままお金を借り続けるということは、自分で自分を追いつめてしまっていることになりますので、キャッシングサービスの利用方法を誤るだけではなく、自らを辛い状況に陥れてしまっているとも考えられ大変危険な状況です。

自制心を持つためにできること

では、キャッシングに対して自制心を持てるようにするにはどのようなことから始めていけば良いのでしょうか?お金を借りたいという気持ちを上手くセーブするためには、やはり自制心を持っている人の行動から学んでみることがベストです。自制心を持ってキャッシングを利用できている人のように、まずは必要な時に必要な金額だけを借りるように心がけてみましょう。

例えば3万円必要であれば3万円以上は絶対借りてはいけない、と自分自身で決めておくのです。人によっては「もし何かあった時のために・・・」と1、2万円プラスして借りてしまうこともあるかもしれませんが、そのような利用を続けていると借金が大きく嵩んでしまう恐れが考えられます。返済トラブルを起こさないためにもキャッシングサービスを利用して借りるお金は必要な金額だけ、とあらかじめ決めておくと良いでしょう。

こうして計画的にキャッシングが利用できるようになると、上手いお金の使い方のコツも掴めるようになります。次回は最後になりますが、さらにキャッシングを上手く利用するコツを紹介していきたいと思います。

初心者は特に注意が必要!消費者金融におけるキャッシング利用の心得

簡単にお金が借りられる!というイメージが強い消費者金融の「キャッシング」。これからキャッシングの利用を考えている皆さんも多いかと思いますが、キャッシングは決して誰でも利用できるサービスではありません。キャッシングを利用するにあたって最低限押さえておくべき注意点もありますし、キャッシングを利用してしまうと危険なトラブルを引き起こすことも実際に見られているものです。

特にこれまでキャッシングを利用したことがない初心者の皆さんは十分な注意が必要となりますので、ここでは消費者金融におけるキャッシングサービスを利用する際の心得について見ていくことにしましょう。

キャッシング初心者が心得ておくこと

まず初心者が心得ておくこととしては、キャッシングサービスが一体どのようなものであるか、といった点になります。キャッシングサービスを利用してお金を借りることができる、ということは皆さんも理解しているかと思いますが、ついついお金を借りすぎてしまう利用者も多いことが現状です。もちろん借り入れ限度額は決められていますし、審査に通ることができない場合はキャッシングを利用することは不可能です。

しかし無事審査に通ることができ、借り入れ限度額内であれば、皆さんはほぼ自由にお金を借りることができてしまうというわけです。このようなキャッシングサービスの仕組みは、自制心を持てない人が利用すると返済時に大きな負担がかかることになるため、初心者の皆さんはあらかじめ注意しておきましょう。

消費者金融のキャッシングサービスは基本的に審査が甘く、申し込み方法も簡素化されているので、仕事や収入などに大きな問題を抱えていない限りは簡単にお金を借りることができます。これは三井住友銀行グループであるモビットにも当てはまるもので、皆さんはモビットの審査に通れさえすればキャッシングを利用できてしまうのです。

モビットの「シミュレーション」

ただ、肝心なのは借り入れ後のことになります。モビットを利用する際はもちろん、他の消費者金融、または消費者金融を利用する際にも、まずは返済について考えておくことが必要ですので、キャッシングを利用したら「必ず返済しなければならない」ということをしっかり心得ておきましょう。

モビットではあらかじめ試せる「審査シミュレーション」や、返済計画を立てる際ににおすすめの「返済シミュレーション」などを行えるようになっていますから、融資を申し込む前には必ず返済についてよく考えておくようにしてください。もし返済のことを無視してお金を借りてしまうと、皆さんが原因で返済トラブルが起きてしまうことも考えられます。返済トラブルを起こすと今後の消費者金融利用に悪影響が現れることになりますし、金銭的にも精神的にも皆さんの負担が大きくなってしまいます。

正しく利用すれば問題のないキャッシングサービスですが、少しでも利用方法を誤るとトラブルの元となってしまいます。初心者の皆さんはもちろん、今現在消費者金融から融資を受けている皆さんも、キャッシングを利用する際には必ず返済期日を守って完済を目指すように努力していきましょう。

借り換えのソントク!キャッシング借り換えるならここをチェック!

「総額の借り入れ金額は大したことがないはずなのに、毎月の返済がきつくて・・」こんな悩みをお持ちではありませんか?貸付総額も、金利も高くない、返済はリボばかりのはずなのに、月々の返済だけが膨らんでいる、こんな場合は、クレジット会社や、銀行など、あちこちにカードを作って、小口の貸付を、いくつも抱えているケースが少なくありません。ショッピングの利用でも、同じような状況に陥っている場合があります。

一ヶ所ごとの借り入れや返済は小さくても、いくつも重なると、月当たりの返済総額は大きくなり、結果として経済を圧迫することになってしまうのです。返済のたびに手数料を請求されるリボルビング払いなどは、いくつも小口の返済を抱えていると非常に無駄が多く、なかなか関西に至らない原因にもなります。

こんなとき、キャッシングで借り換えをして、返済を一ヶ所にまとめてしまうと、月々の返済額が少なくなって、生活にかかる影響が軽減される場合があります。

また、キャッシングで金利の高いローンを組んでいる場合は、金利の低い金融期間に切り替えることで、月々の返済金額は同じであっても、元金の返済額が大きくなるため、最終的な返済期間や返済総額が、軽減されるという場合もあります。

キャシングの金利は、少額で小口の借入ほど高く、借り入れ金額が大きくなると利率が下がる傾向があります。キャッシングの明細書を見ると、金利と月々の元金、手数料、利息が記載されていることと思います。一度、詳しく見てみましょう。例えば、手数料が1件当たり150円程度であったとしても、これが、5件あったら、750円となります。これを、借り換えで1ヶ所にまとめたとすると、手数料は150円だけになり、毎月500円の節約ができる計算になります。月当りでは大したことがなさそうですが、年間で計上してみれば、6000円にもなります。この分を、元金に繰り入れができますし、利息が下がっていれば、更に大きな経済効果がある、ということになります。

キャシングの借り換えで注意すべき点は、2点あります。一つは新たにキャッシングする金額で、今までの借り入れが一旦全て返済できることです。借り換えを行う時は、借金の一本化ができなくては意味がありません。総量規制の関係で、一括返済できるだけの借り入れが不可能な時は、借り換えができないという判断になるときもあります。もう1点は、新たな借入先の利息が、今までの借入先の利息を下回っていることです。新たな借入先のほうが金利が高いのでは、借り換えの効果が下がるので、充分な検討を行って実行すべきでしょう。

借り換えに関しては、銀行や消費者金融でも「おまとめローン」などの名称で、様々な商品を提案しています。窓口に相談に出向いて、返済シュミレーションを行ってもらい、見積もりをとって、最適な借入先を選択することも良い方法といえます。

リストラで無職に!キャッシング不可でも生活費を確保する手段

リストラ旋風の平成不況、働き盛りでも職を失ったり、新卒者の採用率が低下して、失業率の増加に歯止めがかからない状況が続いています。東日本大震災の影響もあり、平成23年7月には、「生活保護受給者の数が、過去最高」とのニュースも流れました。仕事がなくても、生きていかなくてはならないという、厳しい世相の状況が反映されているのでしょう。

これは一方で、貸金業法の完全施行により、無職や主婦など、安定収入が見込めない人に対する貸付ができなくなったことで、無職の人がキャッシングを利用できなくなったことも影響しています。

失職したほうの立場になれば「次の仕事が始まるまでの間、貸付を受けたい」というような、切羽詰った事情もあるのに、「法律で貸せません」となるわけですから、「改悪だ!」といいたくなる気持ちになりますよね。長い目で見れば、収入もないのに返済の苦労を背負うことになるのですから、結果としては正しいのでしょうが、生活費の充てもなく生き延びることも不可能です。実際に無職になって、蓄えも底をつき、生活費の確保が必要となったときには、現実的にはどのような対処ができるのか?こうした状況は、そうそう陥ることがないというのが、一般的な意識なのか、改めて問われても、的確な返事ができる方は少ないのではないでしょうか?

無職でも、すぐ、仕事が決まっていればキャッシングはできる、とか、担保物を差し出せば、貸付は受けられる、という人もいます。しかし、無職になった時点で、何かの返済が残っていれば、従量規制により、貸付が受けられる金額が減る上、審査としては厳しい判断になるでしょう。ましてや、就労状況を誤魔化して貸付を申し込むのは、もっと、危険なことで、一歩間違えば、以後の貸付を一切断られる危険もあります。このような状況の時に、新たに消費者金融や銀行などの民間金融機関から貸付を受けようとするのは、相当に難しいことだといえます。

近年、生活保護の制度が見直されて、生活費貸付という新しい方式が施行されました。これにより、以前は、財産と呼べるものが何もない状況にならないと利用できなかった生活保護が、返済義務は生じるものの、10万円までの生活費の貸付などは、保証人なしで、低金利で借りることができるようになっています。ここのケースで、利用できる制度が違うので、実際に面談を行って、どの方法が一番適しているかを決めることになります。無職の状況で、収入が一切なくなり、生活のめどが立たないときには、まず、市役所や社会福祉協議会に足を運んで見ましょう。

あなたのキャッシング限度額は?収入から分かるリミット計算法

キャッシングの申込をしようとしたとき、気になるのが「あといくら借りられるの?」ということだと思います。ご存知の通り、貸金業法の改正、完全施行によって、消費者金融からの借り入れについては、総量規制が設けられました。このため、平成24年6月以降は、「年収の1/3」を超える貸付は法律の規制によってできなくなったのです。従量制限施行前に、消費者金融業者から、年収の1/3を超える貸付を受けていたら、その人は、返済が進まない限りは新たな借り入れはできない、ということになります。

「えっ?じゃあ、住宅ローン組んでるからアウトじゃないの?」と思われるかもしれませんね。たしかに、住宅ローンの借入額は、どう考えても年収以上、とても、新たな借り入れができなくなってしまうんじゃないか?と心配に成るのも無理もないことです。
しかし、ここで注意していただきたいのは、住宅ローンの借入先が消費者金融ということは、非常にまれで、多くは銀行からの借り入れである、というところです。改正貸金業法には、従量規制について「除外と例外」というルールも設けていて、簡単な言い方をすると「消費者金融以外からの借り入れは、総量規制に含めない」という決まりや「条件付で認める」という場合があると定めています。

除外の代表選手が、銀行から借り入れた住宅ローン、不動産担保貸付、自動車担保貸付など、例外の対象になるのは、おまとめローンに代表される、債務者だけが圧倒的に有利になる借り入れ(借り換え)、緊急の医療費などの借り入れはじめ、社会通念上必要と認められるものが対象になります。クレジットカードの場合、キャッシング枠の残高は総量規制対象ですが、ショッピングの分は対象外です。銀行カードローンも対象から外れます。

総量規制による、キャッシングの限度額は、

キャッシング限度額=年収÷3-(消費者金融からの借り入れ+クレジットカードのキャッシング)

で、おおよその目安は算出できます。年収は、年末調整後の金額を利用すればよいでしょう。複数から収入を得ている場合、一番収入が多いところの金額舌適用されない場合もあるので注意が必要です。

また、配偶者の同意があるときは、配偶者の収入を合算した金額を年収としての貸付が可能になる場合もあります。これは、専業主婦の方や、婚姻していてリストラで無職になった場合、などが大正となることが多いケースです。

一般に消費者金融よりは、銀行カードによるローンのほうが金利も安いですし、長期的な返済総額を考えるとお得であることは間違いありません。また、金利の高い消費者金融から、銀行ローンに借り換えを行えば、「債務者に一方的に有利」との対象にも該当しますから、確実に総量規制の除外に当てはまることにもなります。この機会に、1%でも金利の低いローンへ乗り換えることは、長い目で見て、非常に有意義なことであり、返済の負担を軽減するために、借り入れの見直しをするのには、良いタイミングであるともいえるでしょう。

今月ピンチ!そんな時に助かる学生キャッシング利用の極意公開!

親元を離れて大学生活を送るようになると、お金のやりくりに苦労することは多いですね。なれないうちは、予算をオーバーしてしまったり、突然な出費がかさんだりと、「今月ピンチ!」を何度か経験します。また、コンパやサークル活動の旅行などで、期日までにまとまったお金を工面しなくてはならないとき、手持ちが足りない、なんて場面も。友人に借りると友情にひびが入りそうだし、頼むこと自体がやりづらい・・・そんな場面で助かるのが学生キャッシングです。

学生キャッシングって、6大学とか有名校じゃないと利用できないんじゃないの?
月1万円程度のバイト料でも、毎月収入があれば借りられるってホント?
学生証持ってれば、未成年でも借入できるんでしょ?
利息がものすごく高くて、返済が大変なんじゃないの?

学生キャッシングについて、こんな疑問をよく耳にします。これらは全て、間違い。大学のランキングは関係なく、学生証と、免許証か住民票を添付することができ、アルバイトなどの定期収入があれば借り入れうけることができます。ただし、借り入れの前に審査があり、未成年者は原則的に貸付できません。成人であっても、月々の収入が一定以下であれば審査を通ることができない場合があります。貸付が受けられる金額は、収入額に応じて、無理のない限度額や返済計画をキャッシング会社側が提示してきますから、通常は極端に高い利息ということにはなりません。また、30日以内利息無料という形の貸付を行っている業者もいます。こうした商品を上手に利用すれば、少ない利息で借入を利用することができます。

20歳未満の未成年の場合は、未成年でも利用できるクレジットカードのキャシング枠5万円までを利用するか、物品購入の場合は、ショッピング枠10万円までを利用するほうが安全です。

学生キャッシングを利用する上でとても大切なことは、「借りたものは返す」という原則から外れないということです。学生でも、社会人でも、急な出費が必要になる場面は必ず1度や2度は経験するもので、そのこと自体は不可抗力ともいえますが、そこで、アニに借りて済ますことを繰り返すと、借りることに無感覚になり、返済についての警戒心が薄れてしまいます。計画的に借りて、キチンと返済し、不要不急な借り入れは慎むように心がけて利用しましょう。

審査が甘いのにはワケがある!?キャシング業者の審査基準

改正価資金業方の影響で、金融業界の融資に関する審査は、以前より明らかに厳しくなりました。消費者金融のみならず、クレジットカード会社のキャッシング枠残高も総量規制の対象になり、新たな借り入れ申込に対する審査項目も増えて、「申し込んでも借りられない」という結果となる人が急増しています。一度、審査で不可がでると、別の消費者金融でも連続的に審査に通れなくなるという情況になる場合もあり、キャッシングは、実は貸し手市場になっている感があります。

特に、派遣労働で収入が安定していない人、転職が多くて勤務年数が短い人、専業主婦などの無職で定期収入がない人、多重債務で個人信用情報が思わしくない人、過去に自己破産をした人や、養子縁組をして姓が変わった人、などは、大手消費者金融、及びクレジット会社では要チェック対象となり、そのままでは審査を通過できないケースや、全く審査を通過できずに、どこへ行っても融資不可になるというケースが相次いでいます。

特に、俗にいうブラックリストの人の場合は、ほぼ、確実に審査に通れず不可が出ることが多くなります。こうした現状を見込んで、「審査が甘いローン会社です」などと、個別に電話やハガキで案内を送ってきたり、といった事例が後を絶ちません。また、ネットキャッシングの現場では「おまとめローン」の案内などが送られてくるなどのケースも多いようです。ネットのポイントサイトや、アンケートサイトなどから個人情報を得た業者が、返済に苦しんでいそうな多重債務者を探し当てて案内を送ってくるというパターンもあるようです。これらは、全うな業者ばかりでなく、しばしば、「ソフト闇金」と呼ばれる、新手の闇金である可能性が非常に高いのです。

こうした業者は、審査を、以前の消費者金融のように甘くしてあり、ブラックを始めとしたほとんどの、審査不可の人が問題なく審査を通過できるという特徴があります。通常、大手の消費者金融は返済能力を重視しますが、ソフト闇金は、付かず離れず、長期的に返済金を吸い上げるような業者側の定めた一定の返済ルールを守って、お金を払い続けることや、それを崩したときは、強硬姿勢も辞さないといった、暗黙の了解や圧力などの特徴は、昔のヤミ金と体質は変わっていまいといえるでしょう。

貸金業法の違反に関する厳罰化はされたものの、業者側から見たら売り手市場であるため、罰金上等の姿勢で、違反を承知で利潤追求している無認可業者にすれば、短期的に多額の利益を確保するには都合の良い状況でもある、という識者の意見もあります。審査が「甘い」のは、新規顧客を獲得するための、悪く言えばエサのようなもので、金利や貸付の条件は全く「甘くない」のです。

このような、審査は甘いけれど怪しい業者に関わってしまった時は、なるべく早急に、弁護士無料相談などで契約内容を確認して、対応策を行うことが必要です。時間がたつほど、返済が膨らんで、無用の利息を払い続けることになります。

主婦でも借りられて、しかも無利息!レディースキャッシングとは?

専業主婦や、派遣、パートの女性に、キャッシング界から北風が吹いています。これまで配偶者の所得を自己申告すれば借りられた人や、派遣やパートでも審査を通っていた人たちが、借り入れができない状況が増えているのです。

そうした利用者の困惑を受けてか、最近、金融各社が「女性向け専門ローン」として、レディースローンという金融商品を多数発表し始めました。消費者金融だけではなく、大手銀行やネットバンクなども取り扱いを始めていて、これまで、審査に通らずにキャッシングができなかった女性にとって、利用しやすい商品として話題を呼んでいるようです。

特に、審査については、今までは男性目線の審査基準であったのに対し、女性の労働形態として一番多いパート就労も「安定収入あり」として、日雇いや不定期の派遣労働などでない限りは柔軟に対応しています。また、借り入れを知られたくない女性のために携帯やパソコンからのオンライン申込を主体とし、誰とも顔を合わせないで、申込から借入までを済ませることができます。オンラインで、審査が通りそうかどうかをシュミレーションできるサービスを提供している業者も多く、電話での問い合わせも、専門の女性オペレーターが対応するなど、きめ細かなサービスを行っている様子が伺えます。金融各社ごとに、「利息無料期間」のサービスを提供しており、一定期間内なら利息が付かないなど、お得感を感じる女性も多いようです。また提携するポイントサービスのポイントがもらえて、実質的に値引きがされるなどのサービスを行うところもあります。

ただし、こうしたレディースローンは、基本的に小口の短期的な借入を対象としたもの。借り入れの上限額は多くても30万円程度が相場だという声も聞かれます。5万円から、といった金額設定の業者もあり、全体的に高額を一気に借り入れることは難しいと考えたほうが良いでしょう。

金利は、安いところで4%前後から、高いところで18%くらい、といった状況で、あまり低いとはいえません。ですから、短期的に利用するのにはよいのですが、長期間に渡って返済をする必要がある場合は、レディースキャッシング以外の方法を選択するほうがよいでしょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >