モビット

賢く使い分け!低金利ローンとキャッシングのお得なコラボ方法!!

「急に、まとまったお金が要る!」状況は、人それぞれにどうしても起こりうるものです。親戚や友人知人などの人間関係に頼ってお金を借りると、あとあと、それが元で良い関係にひびが入ったりする恐れもあり、安易に申し込みにくいもの。どうしてもお金を用立てなくてはならないというときに、手元に動かせるキャッシュがない、という状況なら、あとはどこからか借りてくるしかないということになります。人生、先のことは分からないのが当然です。予測不能な事態に対する備えは、いつでもしておかなくてはならない、ということを肝に銘じて、まず、日ごろから、休日でも、すぐにうご変えることのできるキャッシュか支払い方法を確保しておくクセをつけておきましょう。「備えあれば憂いなし」というように、お金の問題に関しては、どれだけ用心深くしていても、やりすぎはありません。

それでも、不慮のトラブルなどによって、まとまったお金を用立てる必要が生じた時は、どこからか借りてくるしかない場面もあるでしょう。そんな時、すぐさま「借りるならキャッシング」と即断してしまうのは、あまりオススメできません。

その、一番の理由は、「借りたら、利息をつけて返さなくてはならない」ということにあります。クレジットカードにしろ、消費者金融からのキャッシングにしろ、金利は決して低いわけではありません。最近は主にオンラインによる申込の場合に、「利息無料」などのサービスをつけた金融商品が出回っていますが、これは、集客のために初回のみとか、金額に上限を設けて行っているものであって、決して無制限に適用されるというわけではありません。ですから、クレジットカードや消費者金融からのキャシングで必要なお金を駆り巣のであれば、あくまでも短期的に用立て、できるなら、借りた金額を無利息期間中に返済できるめどがあることがもっとも望ましいといえます。

もし、すぐに返済のめどがなく、長期的に返済していかなくてはならないことが分かっているような場合は、キャッシングを選択するべきではありません。既に書いたように、キャッシングの金利は、銀行ローンや公的融資と比べると非常に高いのです。自然災害による被害のために借り入れが必要であるとか、急病など治療費、リストラ後再就職までの生活資金などは、緊急かつ、回避の難しい事態で、短期間では返済のめども立ちにくい借り入れです。そんなときは、日本政策金融公庫、社会福祉協議会の生活費貸付など、なるべく低金利ないし利息ナシで借りられる方法を優先的に使うべきでしょう。住宅ローンのつなぎ融資なども、金額が大きく、長期的な返済が見込まれるものですから、期日の問題でやむを得ず消費者金融から借り入れる場合は、早期に見直しや借り換えを検討して、なるべく高金利で借りる期間を短くする工夫が必要です。

このように、キャッシングと、低金利の融資を上手に使い分けたり、リンクさせることで、金利を節約して、最終的に返済の縮小を行うことができます。自分がいくら借りていて、いくら利息を払っているか?について、日ごろから関心を持ち、利息を下げる方法を検討する意識を持つことも、結果として借金返済にあえぐことがないようにする重要なポイントです。

あなたのパスワード大丈夫?ネットキャッシングとセキュリティー

インターネットの急速な発展で、ネットキャッシングの利用者が急増しています。ネットキャッシングとは、携帯電話やパソコンから申し込み手続きを行って利用するキャッシング方法のこと。大手消費者金融のほか、ネットバンク各社が盛んに広告メールや、バナーなどでPRをしています。融資は利用者の指定口座に振り込まれる方法で受け渡しがされ、ネットバンクの強みである24時間リアルタイム取引、振り込み手数料の安さなどが人気上昇の一つの要因のようです。

一方で、スマートフォンや、無料共用パソコンやネットカフェ、無料無線ランスポットの設置などで、一見、一段と利便性が増したインターネット環境の中で、こと、ネットキャシングに椎手を考えると、意外な落とし穴が見つかります。セキュリティーの確保です。

ネットキャッシングはインターネットを介して、利用者のIDやパスワードを入力することで個人を識別し、希望金額を指定講座へ振り込むという方法を取っています。自宅の専用パソコンや、セキュリティーのしっかりしたプロバイダーサービス、パソコン本体にもウィルス対策ソフト完備、という状況であれば、こうした利用方法は危険性が低く、利用に不安を感じることもないでしょう。金融機関側もSSLなどの暗号化ソフトを利用して、セキュリティーの強化には細心の注意を払っていますから、全くの無防備というわけではもちろん、ありません。

しかしながら、これが、共用パソコンからの利用であったり、空港やファーストフード店にあるような無料無線LANスポットなどの、不特定多数の人が利用する回線であったりすると、話が変わってきます。

共用パソコンに、うっかり、IDやパスワードを記憶させてしまったり、セキュリティーの甘い、言い換えればハッキングがかけやすい無線LANスポットなどで、うっかり、キャッシングの申し込みなどをしてしまうようなことがあると、個人情報が漏出して、全くの他人が利用者に成りすまして、ネットキャッシングを行うことができてしまうといった危険性もはらんでくるのです。

最近、人気上昇中のスマートフォンアプリの中に、利用者が全く気付かないうちに、スマートフォンの利用状況などを定期的サーバーへ勝手に送信するものがあったとして問題視されたことがありました。こうした電子的な情報漏れの怖いところは、情報漏れが気付きにくいところと、漏れた情報の拡散スピードの速さです。利用者本人が気付いた時には、既に漏れてから相当な時間がたっていることも稀ではありませんし、漏れてしまった後は、電子情報特有のハイスピードで、流出していきます。リスク管理のためには、もれにくい方法だけを選ぶ賢い利用者になることも必要といえるでしょう。

基本的には、専用パソコンでもIDの保存は控え、ネットキャッシングを行う時にはあいてサーバー側のセキュリティー対策もきちんとチェックするなどの、用心深い姿勢を忘れないことが大切です。

利息ゼロ円!無利息キャッシング、人気の3社を比較!!

最近、インターネットを利用しているとバナー広告で「利息無料!」や「○○日間、金利ゼロ!」といった宣伝を見かけることが多いです。消費者金融の再編が進んで、各業者間の新規顧客獲得が厳しい状況が続いている中、特徴あるサービスで当たらし入用さを確保しようという動きが進んでいるようです。

そんな無利息キャッシングについて、具体的にはどのようなサービスが提供されているのでしょう?

一番人気は、大手消費者金融で古参のP社です。金利が6.3%~17.8%と低めに設定されている上、無料期間が30日という長期間であるところが人気のようです。給料日が30日以内にあることが分かっている場合なら、ここから一時的に借りて、利息が付く前に返済するという方法が取れます。ポイントサービスに加入することが条件となっていますが、最短で10秒で入金というスピーディーさも魅力の一つでしょう。

P社と同じくらい人気の高いのがL社です。こちらは、5万円以下の初めての貸付ならば、180日間無料というサービスもあります。30日間無料と、180日間無料のどちらが、よりニーズに合っているかをオンラインでチェックすることのできるサービスも提供されています。パソコンや携帯からの申込でその場で審査、即日融資、指定の銀行ならば振込み手数料無料など、使いやすさで人気が高いようです。こちらは女性専用のレディースキャッシングも展開していて、きめ細かなサービスで人気が延びています。金利は9%~18%と、やや、高めですが、少額の借入で無料期間を上手に利用した場合、こちらのほうがお得になる可能性もあります。

ネットバンクS銀行のノーローンは、繰り返し無利息木kんを利用できるという点で、上記2社とは違う携帯です。無利息期間が1週間と短いのは難点ですが、7日以内なら、何度でも無利息で利用できるというのが他社にはない魅力でしょう。金利は9.5%~18%と高いのですが、ネットバンクの強みを生かして、24時間取引が可能であり、リアルタイムで返済や貸付ができるというのは他にない利点です。

このような無利息キャシングは、集客の目的で行われるキャンペーン的な性格もあります。永久に無利息というわけではないので、計画的な利用が必要でしょう。また、物品購入の場合なら、クレジットカードを使って、手数料無料の2回払いなどを利用したほうが良い場合もあります。目的に合わせて上手な利用をすれば非常にお得なサービスといえるでしょう。

キャッシングの申込ってどんな方法があるの?

一昔前の消費者金融での借り入れは、借りたい人が店舗に赴くか、電話やFAXで申し込むのが一般的でした。電話申込でも、後日書類の記入や、店舗での本人確認などの手続きを取る必要がありました。こうした場合のデメリットとして、店舗に出入りするときや、店舗内で人と顔を合わせないわけには行かないため、プライバシー保護が不十分であるという問題点がありました。誰でも、消費者金融からの借り入れがあることは知られたくないものですが、店舗は人通りの多い往来に面しているせいで、近所の人や知り合いに見つかる可能性もありましたし、また、店舗の人間と対面でやり取りをするのも気持ちの良いものではない、といった意見が多かったのです。

このような声を受けて、無人契約機などを始めとして、消費者金融の申込方法は、極力対面での契約を避ける方向に急速に発展しました。特に、インターネットの発達と、携帯電話の普及によって、近年はオンラインで審査から契約まで行い、現金の授受は口座振込みで済ませるという形が主流になりつつあります。ほとんどの消費者金融が、この方式を取り入れており、身分証明書のコピー送付なども、仮契約の段階では電子媒体で送ることができるようになっているところが多いです。オンライン処理による申込は、手続き速度の迅速化ばかりでなく、無人化によるプライバシー保護の利点が大きいため、利用者からも歓迎される傾向です。

ただし、オンラインでの申し込みは、契約書や、重要事項への説明などは一方的に電子ファイルとして送付されるとか、公開しているものにたいして「同意します」というチェックボックスにチェックを入れるだけで読んだことになってしまう、といった危うさもあります。
従来型の申込では、印刷された契約書を送付して、よく読んでから、契約書にサイン、という方法でしたし、店頭の場合は、理解しづらい点などはその場で質問することもできました。そういった点、オンラインでの申し込みは、申込者本人の自己責任によるところが大きい、といえましょう。

現在でも、従来型の電話や書面の送付、店頭での申し込み受付は行われてはいます。しかし利用者としては、インターネットでの申込による秘密保持に大きな魅力があるため、圧倒的にオンライン申込のほうが増加している傾向です。

その金利、本当に低金利?キャッシング広告の見方教えます。

あちこちで見かける消費者金融や、銀行のキャッシングの広告。金利については、「金利○%~△△%」といった幅のある表示をしているのにお気づきでしょうか?

こうした広告を見ると、誰でも自分に都合の良いほうの数値をとって、多くの人が少ないほうの数字を見て、「へえ~、利息は○%なんだ。」と思ってしまうことが多いようです。中には「○日間、金利ゼロ」のような、無利息キャッシングをうたっているところもありますから、実際のところ、「もし、自分が借入をしたら?」というと、とても少ない利息でお金が借りられると思ってしまう人が多いのではないでしょうか?

ところで、金利については、貸金合法の改正で法律上の上限が決められました。ですから、それ以上の金利で貸付を行えば、知れは違法行為ということになり、罰則や取締りなどの対象にされることになります。消費者金融各社が金利を明示した広告を出すのは、こうした法律に対して「ウチは遵守して営業しています」という姿勢をアピールする狙いもあるようです。

現行の貸金業法で、100万円以下の貸付の場合は、上限金利は20%です。ですから、20%以下の金利なら何%でも法律上は合法となります。しかし、20%というと、100万円に対して20万円ということになります。これは、決して安い金利とはいえない額です。低金利という言葉に確定的な基準はありませんが、やはり、一桁台の金利であれば、比較的安いといえることと思います。そうなると、大手消費者金融各社が広告に乗せている、3~7%程度の金利はかなり安い印象を与えますし、お得感もあると感じるでしょう。

しかし、こうした広告には、必ずごく小さな文字で、スミの方に「金利は条件つきの数字です」とか言う趣旨の但し書きが着いているのです。つまり、誰でも広告の低金利が無条件に提供されるわけではなく、限られた条件をクリアした人だけが、低い金利での貸付を適用される、と説明しているわけです。このような広告の作り方が悪質とはいえませんが、同時に親切で正直とも言えません。

実際に借入を行った人は、ほとんど最高金利が適用されていて、貸付限度額も、最初から100万円などということはありません。何年間か、キチンと返済を続けてきて、消費者金融から見て「上顧客」になった人が、そこそこ高額の借入をした場合に限って、低金利が適用されるというのが実際の状況のようです。

広告の低金利に載せられて、自分もその対象になっていると思うと、借入をしてから「こんなはずでは」と、ガッカリすることになります。広告の金利は、高いほうを基準に概算して、更に、小さな字で端っこの方に書かれているところまで注意してチェックすると良いでしょう。

専業主婦のキャッシングに冬の時代!?法改正でこう変わった

手元にお金がない、でも急に現金が必要になって・・・こういう状況は、まさしくジェンダーフリー、性別に無関係に起こりうるシュチエーションだと思います。こんなとき、これまた、性別と無関係に、「仕方ない、消費者金融からかりるしかないか・・・。」と、考えることは、充分、考えられることなのですが・・・なんと、「主婦は貸してもらえないかも!?」という状況が、ここ最近、急増していて、専業主婦の人たちの間に、一種のクライシスを巻き起こしているようです。

「これまでは、問題なく借りられたのに、何で急に!?」と、思われますよね。じつは、これ、法改正が背景に起こっている事態です。

2010年より改正貸金業法が完全施行となり、総量規制という新しい仕組みが導入されました。これにより、年収の3分の1を超える貸付は、クレジットカードのキャッシング、消費者金融からの借り入れともに、できなくなりました。このため、過去にすでに返済を続けている借り入れがある場合は、自動的に、年収の3分の1以内に納まる金額しか借り入れができません。

借入限度額の上限を確定するのは「年収」です。したがって、収入のない無職の人や、フリーター、そして専業主婦は、返済能力の面で審査を通過できず、借り入れ不可となるケースが急増しているのです。

そうはいっても、家計を預かる主婦が、キャッシングを必要とする場面は、お子さんの教育費関係であるとか、急な医療費の支出意といった可能性も多いことも事実です。家計を転覆させないための、一時的な借り入れ、という観点からか、主婦でもOKとか、配偶者の収入を含めて審査を行うなどの、一種裏ワザ的な方法で、キャッシングを可能にする業者もいます。ただし、こうしたケースは、金利も高めだったり、小さな業者であって、信用面でいまひとつの傾向があることも否めません。

また、「夫に知られたくない」といった事情があるようなときは、こうした条件では借り入れの申込自体が検討外となってしまうので、やはり、専業主婦にとっては、難関、といえる状況であることには変わりがないようです。

つまるところ、専業主婦よりは、派遣やパートで、少なからず収入があり、所得の証明を出せる人のほうが、キャッシングには有利というのが現状のようです。借金ゼロ家計は理想とはいえ、まだまだ、景気の回復には時間がかかりそうな状況下、少額でも収入の道を探すことのほうが、キャッシングで自転車操業を行うよりは、健全ともいえるのかもしれません。

キャッシングはどっちがお得?クレジットカードと消費者金融

急なもの入りになって、お金を工面しなくてはならない、そんな時、手元に、クレジットカードと、消費者金融のカードを持っていたなら、あなたは、どちらを選びますか?

手軽さという意味では、あまり差がないかもしれません。今の日本国内なら、コンビニや銀行などの提携ATMは、クレジットカード会社のほうが少し多いかな?という印象もありますが、都市部では、おそらく特筆するほどの差はないでしょう。

では、どちらがお得なのか?ということが、次の検討点になると思います。ひとつは、借り入れにかかる金利の問題です。クレジットカードの金利は、7%~18%程度、決して安くはありません。利用者の多い大手のカード会社の金利一覧表などを見てみますと、多くは12%~18%というところに収まっています。これを考えると、長期間借りた場合は、かなりの利息がかさむという可能性が見て取れます。

一方で消費者金融は?というと、下限3%などと歌っている業者もあるにはありますが、実質金利で見ると、やはり安くても7%前後、上限金利は18%くらいで、ほとんど差はないと見て良さそうです。ただし、クレジットカード会社にしても、消費者金融にしても、各社独自の、ゼロ金利期間サービスなどを設けているので、こうしたものを上手に利用して借り入れを行うことで実質の金利手数料に差が出てくるという可能性はあります。

現金でなく、Edyなどの電子マネーを使える状況での利用であるなら、クレジットカードで、チャージを行うことで、実質的な支払期間を延ばすという方法も可能です。この場合は、ショッピングと同じ扱いで計上されますから、余分な手数料や利子がかかりません。カードによってはポイント付与などの特典も付いてきます。これらはクレジットカードが優れている点といえるでしょう。

返済に関する点を考えるとクレジットカードは、消費者金融の返済よりも面倒が多い、といえそうです。うっかり返済期日を遅らせてしまうようなことがあれば、利息がかさむという点は自己管理能力が問われます。キャッシングはあくまでも短期間的に急場をしのぐ目的で行うのが基本であり、長期的な借り入れには、消費者金融も、クレジットカードも不向きです。高額で長期のローンを考える時は、銀行からの借り入れなど、低金利の商品を探すほうがよいといえるでしょう。

どうやって返す?返済方法で変わるキャッシングローンのお得

お金を借りた、その次は返済ですね。さて、その「返し方」で、お得と損が起きる場合があることをご存知でしょうか?借りる時は、ネットや電話で申込だけで、ATMや銀行振り込みで簡単に受け取ることができるキャッシングですが、返済の方法は、実は書く業者によりけりで随分と差があります。また、払い方によっては、手数料が上乗せされ、コレがバカにできない金額になる場合もあるんです。

キャッシングを利用して、返済を分割で行う場合を特に「キャシングローン」と呼びます。

一括払いや1回払いで支払う場合は、キャッシングにも利息や手数料がかからない「利息ゼロ円」サービスなどもありますが、通常、この場合にかかる利息は少額ですし、定数料が付いても1回分だけ、更に返済の手間も一度で済みます。返済日を繰り上げて、早く返してしまえば、利息も短期間であるほど少なくなります。

一方で、キャッシングで借りたお金を分割払いで払った場合、ちょっと事情が変わってきます。

もっとも、手数料と利息がかさむ恐れがあるのが「リボルビング払い」です。俗に、「リボ払い」などといわれて、月々の支払金額を一定に抑えることができるという利点がありますが、その返済額の中に利息と手数料が含まれているため、なかなか元金が減らないという難点もあります。

分割払いの場合は、手数料がリボよりはかからない傾向です。けれども分割回数や、1回あたりの返済金額は利息で大きく変わってきます。回数が増えるほど金利ががって行く傾向ですから、生活に負担が増えない範囲で、少ない回数で払いきってしまうよう計画することが必要でしょう。

更に大切なのは、実際の返済方法です。カード会社によっては、ATMでの返済や、直接講座へ振り込む方式を採用しているところがあるのです。これですと、うっかり期日を忘れてしまったり、その日に出張や急用などで支払ができなければ遅延損害金の対象になる場合があります。また、指定講座へ振り込む方式では、その都度振込み手数料が発生することも考えられます。ATMから遠ければ出かけていく時間的な負担もバカにできません。

もっとも返済が楽なのは、口座引き落としであることは間違いないでしょう。ただし、一定回数、口座から引き落としができない状態になると、利用が停められてしまうので、注意が必要です。クレジットカードからのキャッシングの場合は、ショッピング利用と一緒に引き落としがされるため、利便性が高いといえます。

携帯からでもOK!即日キャッシングの利用方法

急にお金が必要になった!手持ちの現金だけじゃ足りない!そんな時、気になるのは「即日キャッシング」の広告ですよね。消費者金融各社が、ネットのバナー広告などで熱心にPRしている「即日キャッシング」とは、どのような手順で利用するものなのでしょうか?

実際に、大手消費者金融の一つ、A社のバナー広告から、申込サイトに飛んでみました。

トップには、「最大○百万まで貸付、来店不要、即日融資!」などのリンクが張られていますが、「貸付条件」として、「20歳以上の安定収入がある方」という条件がしっかり付いています。気になる金利は、4.7~18%となっていますが、これは、高額の貸付になるほど利率が少なくなる仕組みですから、数万円を借りた場合には、当然、利率は高くなるものと見込んでおくべきでしょう。

「今すぐお申し込み」のボタンをクリックすると、個人情報などの規約と一緒に、お申し込みフォームのボタンが現れます。これを押すと、希望金額から始まり、氏名や生年月日、住所などの基本情報を入力するページに進みます。ここのページでは年収の概略や勤続年数などの就労状況や、住まいの居住状況なども質問事項になっています。

規約の同意などの条件確認がされ、更に、収入証明の送付が請求され、FAXなどで、指定された連絡先に送るような指示もなされます。

この後審査が行われて、融資可能となれば、指定の銀行口座へ入金という形で融資が下りる仕組みになっています。即日融資は、現金自動融資(例:むじんくん、など)を利用しても行うことができます。これらの特徴として、誰にも顔を合わせずに融資の申込ができるということがあげられると考えます。プライバシーの保護という面では優れていますが、一方で無計画な貸付の抑止力は弱まっているといえます。

即日キャッシングという名称は、あたかも、申込さえすれば、誰でもその日のうちに融資が受けられるような印象を受けますが、そこは、一定の審査を通過できる条件に当てはまった場合に限られます。誰でもすぐに、という意味ではありませんし、銀行振り込みでの融資を希望する場合は、金融機関の営業時間の関係で、翌日融資になる場合もあります。この当たりは、消費者金融のホームページの説明だけでは煩雑で分かりにくいかもしれません。

また、申込の結果、審査に通らない場合、連続的に他社の審査も通ることができない、という現象が起きる場合もあります。誰でも必ず利用できるものではない、ということを念頭において、時間的に余裕を持った利用や、申込が望ましいといえるでしょう。

キャッシング審査に「通る人」「落ちる人」その境界線とは!?

キャッシングのために、新たなカードの申込をするとき、避けて通れないのが「審査」です。インターネットを介した「即日融資」などのオンライン申し込みフォームを見てみますと、住所、氏名、性別、生年月日、などのほかに、勤務先や勤続年数、雇用形態、居住形態などの細かい情報を記入するところが出てきます。これらの情報で確認されるものが、いわゆる「属性」です。

クレジットカードや、消費者金融での貸付については、この「属性」が非常に重視されます。なぜなら、クレジットカード、消費者金融の貸付は無担保、無保証人での貸付であるため、万一、返済が滞った場合のリスクが現行の担保貸付などと比較すると高いのです。その、リスク分を金利を上げることで確保しているので、本人の返済能力が非常に重要になってきます。極端に言えば、「確実に返せる人に貸す」という判断基準であるともいえるでしょう。

ですから、「勤務年数が長い公務員(安定収入あり)、持ち家に住んでいて、独身(扶養家族がいない)。30代~40代位の働き盛りで、健康不安がない」などの人は、属性が良いということで審査が通りやすくなります。逆に、「派遣社員、またはパートである」「住所が定まらない」「高校生以上の子どもが複数いるうえ、親も扶養している」「20代前半や、定年退職間近」「健康不安がある」などの条件が当てはまるほど、属性は低下し、「無職」「住所不定」などの状況であれば、まず、審査を通るのは他の条件が相当良くなければ難しいということになるでしょう。

こうした審査のときは、申込者の申告内容を、ひとうひとつ、勤務先や自宅などへ確認を行ってチェックされています。ですから、虚偽の内容や、事実をゆがめて書いても、審査でひっかかることになります。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18