モビット

キャッシング過払いで不当に支払ったお金を取りもどそう!

毎月キャッシング会社へ返済しているものの元金は全く減らず、そのうちに返済が困難になり別のキャッシング会社からお金を借りる、、多重債務を抱える人のほとんどがこのようなパターンで借金を増やしていきます。もう自己破産しかないのだろうかと頭を抱えている人もその前に過払い請求をしてみませんか。過払いとはキャッシング会社に払いすぎた金額を返金してもらうことのできるシステムです。法律(利息制限法)では貸付の際の金利は20%を上限と決められています。一方で出資法では上限は29%となっています。金利は各業者が任意で設定していますが、この20%と29%の利息の差額の返金を請求することが過払い請求となります。

過払いは長期間にわたって返済を続けた場合に多く発生します。長期にわたって返済したとしても利息制限法で定められた金利を超えていない場合は過払いは発生しません。また過払いは完済後でも請求することができるのはもちろん、返済途中での請求により債務を軽減することが可能です。また過払い金には5%の利息がつきますのでそれもあわせて請求することができます。

請求は一般的には司法書士や弁護士を通しておこないます。自分で回収することもできますが、取引情報の開示などが必要になるので個人ではなかなか難しいかもしれません。弁護士に依頼した場合には訴訟になる前に和解に持ち込むケースが多いように思われます。全額一括で返金されることもありますが、規模の小さな会社ですと数回に分けて返金する場合もあります。この不景気で会社の存続も危ぶまれますので金額よりも早めの回収を優先させたほうがいい場合もあります。

実際には過払い請求は貸し付けた会社の状況にもよるのでケースは様々です。過払い請求を得意とする弁護士も多いのでまずは相談してみましょう。過払い分を取り戻すことで生活が楽になるかもしれません。

キャッシング会社で初心者でも安心してお金を借りよう

急にお金が必要になったという経験はありませんか?生きていると予測不可能な様々なことがおこります。冠婚葬祭、入院、引っ越し、出産、、、急にお金が必要になったとき、家族や友人に借りることができればいいのですが、そうできない人も大勢います。お金を借りるあてがないとき、頼りになるのがキャッシングサービスです。今はどこも不景気で以前に比べるとキャッシングは身近なものになり、利用する人も多くなりました。それでも、キャッシング初心者はお金を借りるということに不安を感じているはずです。

消費者金融からお金を借りるというとなんだか後ろめたいマイナスなイメージがあります。でも銀行からお金を借りるというと、とくにダークなイメージはありません。実際に実績ある多くの企業が銀行から融資を受けています。キャッシング会社は一般的に、信販系、消費者金融系の三つに分けることができます。は大手都市銀行などがおこなっているキャッシングサービスです。大手銀行は資金力があるため金利を低くおさえることができますがその分未回収を回避するため審査基準が厳しいと言われています。高額な融資を受ける場合、当然ながら保証人や担保が必要になったりします。

キャッシングを受けるためには審査をクリアしなければなりません。審査は大きく分けて3つのチェックポイントがあります。まずは収入。現在では法律上年収の1/3が融資の限度額となりました。のキャッシングの場合、安定した収入がなければまず融資の対象にはならないでしょう。これは給与明細や源泉徴収の提出を求められ厳しくチェックされます。その他にも勤務先や勤続年数なども重要です。大手企業や公務員などは有利になります。そしてもうひとつ重要なのが過去の借入歴です。過去にキャッシング履歴があり滞納などの記録があると審査を通るのは難しいでしょう。クレジットカードの支払いが遅れたりしたことはありませんか?

このようにのキャッシング会社から融資を受けるのはハードルが高く、また審査をパスしても実際に現金を手にするまでには時間がかかります。その点、消費者金融系のキャッシングは若干審査が甘く、審査を通ればその日のうちに融資を受けることができるのですぐにお金が必要な人はこちらのほうがおすすめです。消費者金融系のキャッシング会社でも現在は以前のようにあやしいということはなく、と提携している場合もありますので不安に感じる必要はないと思います。自分のライフスタイルにあったキャッシングを探しましょう。

趣味に遊びに学費も必要、、、学生でもキャッシングできますか?

最近は学生でも学費のほかにいろいろお金が必要になります。一人暮らしをしていれば社会人と同じように家賃、光熱費などが発生しますし、サークルの飲み会や習い事など交際費や趣味にあてるお金も必要です。アルバイトはしているものの、なかなか勉強との両立が難しく、必要な金額を稼ぐことができないのが現状です。そんな苦学生にお金を貸してくれるところがあるのでしょうか。

学生の身分でキャッシング会社からお金を借りるのは難しいでしょう。法律では未成年に融資することは禁じられていますし、後々両親が裁判を起こしたりしてトラブルを招くことが多いのです。キャッシング会社も未回収は避けたいので学生にお金を貸すことはありません。それならばクレジットカードについているキャッシング枠を利用するのはどうでしょうか。

まずは学生用のクレジットカードを作ります。学生カードは親の同意が必要となりますが、学生ならではの特典もいろいろついていて大変お得です。年会費無料はもちろんのこと海外旅行保険やショッピング保障、スポーツ中の事故をカバーしてくれるスポーツ保険なるものも付帯していることがあります。学生カードの特徴は金利が低めに設定されていることと、利用限度額やキャッシング限度額が低いことです。もしかすると必要十分な金額には満たないかもしれません。

注意して欲しいのは若いうちはまだ社会のことをよく知らず借金の持つ意味をあまり理解していない人が多いということです。気軽に消費者金融などでお金を借りることができても期限内に返済できなかったときそれは借入歴として残ります。将来社会人になってクレジットカードを作ったり、車や家のローンを組んだりするときに大変不利になります。あの時むやみに借入などしなければよかったと後悔しても遅いのです。融資を受ける前によく考えて行動しましょう。

手軽なキャッシング でも待って!こんなにこわい多重債務

不景気のせいかキャッシングは以前より私たちの身近なものになりつつあります。給料は下降気味なのに出ていくお金は少しも減らない。そんなときの強い味方がキャッシングサービスです。以前のような後ろめたいマイナスなイメージはなく、クレジットカードのキャッシング枠などは借金をしていると意識せずにお金を借りれるようになりました。

貸金業法の改正で総量規制が定められてからキャッシングサービスは変化しました。以前は高い金利で融資を行い、執拗に取り立てると言った構図が出来上がっていましたが今は貸付限度額も金利も定められているのでそのようなケースは減りました。同時に法の改正に伴って多重債務者も減りました。多重債務とは複数の会社から借入を行うことで借金が雪だるま式に膨らんでいくという以前よく見られたケースです。

最初は軽い気持ちで1社から融資を受けます。案外簡単に現金が入ったことで気をよくし2社目からも借金をします。そのうちに会社側からあなたは信用できる人なので限度額を引き上げることができますと持ちかけられてそれならばとさらに借入を行う。これを何度か繰り返すうちに4,5社から借入をしてしまい気がつくと毎月数万円もの利息分を支払い元金は全く減っていないという状態に陥ります。こうなったらなかなか自分の力で解決するのは難しく、弁護士を頼って任意整理、債務整理を行うことをおすすめします。これによって過払いという払いすぎた利息が返金されますのでそれで元金を相殺したり、他社の借入分の返済にあてたりすることができます。国民生活センターの窓口も全国にありますので相談してみましょう。

注意しなければならないのはこのような多重債務者を狙って<多重債務一本化>などの文句で呼び込みを行っているヤミ金業者です。明日の支払がどうしてもできない、すぐにお金が必要だ、そんなあなたの状況につけこんでとんでもない高金利で貸付を行う違法業者がいます。またカモだとわかると同業者から次々と連絡がくるという恐怖の展開が待っています。くれぐれも甘い誘惑には落とし穴があることを忘れないでください。借りたお金は必ず返す、これ基本です。

キャッシング総量規制でお金が借りれない?!限度額っていくら?

不景気のせいかキャッシングサービスを利用する人が増え、キャッシングは以前より身近なものになりつつあります。一昔前はサラ金という呼ばれ返済できないと執拗な取り立てにあうというイメージが強かったですが、現在はキャッシング会社からお金を借りることに罪悪感や後ろめたさを感じることは少なくなりました。一時期テレビでは毎日のように消費者金融のコマーシャルが流れ、一方で自己破産したり借金を苦に自殺する人の話を聞きました。しかし貸金業法が改正されてからは状況は変わりつつあります。

貸金業法の中でも貸付業者と利用者の双方に大きな影響を与えたのは総量規制です。総量規制では年収の1/3までしか借入ができません。これはキャッシング会社からの借入はもちろんクレジットカードのキャッシング枠も適応されます。クレジットカードのショッピング枠は対象外です。また総量規制は貸金業者のみに適応するので銀行からの借入は対象になりません。もしも年収の1/3を超えて貸付を行った場合には貸付業者が行政処分を受けることになります。保証人や担保があっても年収の1/3を超えて借入をおこなうことはできません。

この総量規制により多くの貸付業者が打撃を受け、倒産に追い込まれました。そしてそれ以上に多くの貧困者がお金を借りることができなくなり、結果的にヤミ金などに手を出すケースも増えています。消費者の不利益という点で行政への不満もありますが、無理な借入は一時的な救済にはなりますが結果的には自分を追い込むことになりますので貸付法の改正は必要不可欠であったと思います。ただヤミ金に手を出す人が減らないのも事実です。ヤミ金の取り立てなどで悩んでいる人は一人で解決しようとせずその道のプロの手を借りましょう。借金などのトラブルを専門に扱う弁護士や多重債務者を支援する団体などもありますのでまずは相談してみましょう。

即日キャッシングが必要なら消費者金融 賢く借りれば怖くない

インターネットを検索すると即日キャッシングの文字がやたら目につきます。申し込んだその日のうちにキャッシュを手にすることができるという夢みたいな内容ですが、現在ではそれが主流になっています。たいていキャッシングを利用する人はすぐに現金を手にしたい人ばかりです。人生は何がおこるかわからない、突然お金が必要になることが多々あります。そんなときには申し込み後迅速に対応してくれる会社が好まれます。

キャッシング会社には銀行系、信販系、消費者金融系の3つがあります。銀行系は大手銀行が運営するキャッシング会社で資金力があるため金利が低いのが魅力です。信販系はクレジットカードなどを発行しています。消費者金融系は若干金利が高くなりますが、即日キャッシングがほとんどです。すぐにお金が必要な人は消費者金融系のキャッシング会社に相談してみましょう。

キャッシングの申込はどのような流れでおこなわれるのでしょうか。最近ではわざわざ窓口へ行く必要はなく、電話やインターネットで申込むことができます。ここで申込用紙に記入することになりますが、そこでは勤務している会社や勤続年数、ほかの会社からの借入金額や件数などがとくに重点的にチェックされます。貸金業者は信用情報を共有し、過去の借入状況や返済状況、トラブルがないかなどを即座に知ることができます。このとき複数の会社から借入があると大変不利です。

このような簡易審査を通れば、その後必要書類をFAXは画像を送付します。身分証明書や収入を証明する書類が必要になります。会社や自宅への電話確認があるかもしれません。こうして無事審査をクリアすればその日のうちに指定口座へ振り込み、あるいは窓口で現金を受け取ることができます。

ただもちろんこんなにスムーズにいくのは審査に何の問題もない人だけです。安定した収入がない人、過去の信用情報に問題がある人などは早い段階で断られることになります。また収入に見合った金額しか借りることはできないので必要十分な金額を借りれるとは限りません。法律の規制のおかげで無理な借金をして、トラブルに巻き込まれるというケースは減りましたが簡単にお金を借りることができなくなったのは事実です。だからと言って怪しい宣伝文句にのせられてヤミ金などに絶対に手を出さないようにしましょう。

早くて便利なインターネットキャッシングは強い味方

日本中どこも不景気で経済的な悩みを抱えている人が増えています。冠婚葬祭、入院、出産などで突然現金が必要になることも多いでしょう。もちろん身内や友人からお金を借りることができればいいのですがそれができない人もいます。そんな人々の強い味方がキャッシングサービスです。以前はサラ金などと呼ばれ後ろめたいマイナスのイメージでしたが、現在ではキャッシングは身近なものになりつつあります。

キャッシングを頼る人の多くはすぐに現金を必要としています。一般的にキャッシング会社には銀行系、信販系、消費者金融系の3つがあります。銀行系は大手銀行が運営するキャッシング会社で、資金力ゆえに金利が低いのが魅力です。信販系はクレジットカード会社などです。消費者金融系は銀行系に比べると金利が若干高いですが、即日にキャッシュを手にすることができるのがメリットがあります。消費者金融系のキャッシング会社では今やインターネットキャッシングまたはウェブキャッシングが主流で窓口を訪れることなく家にいながらお金を借りることができます。

インターネットキャッシングはどのような流れでおこなわれるのでしょうか。まずウェブ申込を行います。申込フォームの内容は基本的な情報のほかに勤務先や勤続年数、学歴、保険証の種類などを記入します。審査が通った場合携帯電話などで必要書類の画像を撮って指定のメールアドレスに送付します。たったそれだけで当日中にこちらが指定した口座へ現金を振り込んでくれるのです。後日契約書類やカードなどが自宅に郵送されます。

自宅から一歩も出ることなく必要な金額を借りることができるなんて夢のようです。誰かと顔を合わせることもないのできまづい思いをしなくてすみます。注意しなければならないのはあまりに手軽にお金を借りることができるので借金をしたという実感がないということです。いくら簡単にキャッシングできるからといってそれを繰り返していると無意識のうちに借金がどんどん膨らんでいきますので注意が必要です。

カードローン、キャッシング何が違うの?どちらがお得?

カードローンとキャッシングの違いをご存じですか?どちらもお金を貸してくれるということはわかるのですが、何が違うのでしょう?カードローンは目的に応じて組むローンのことです。頭にカードとついているのは返済時にカードを使って返済するシステムになっていることが多いのでそう呼ばれるようになりました。たとえば住宅ローン、教育ローン、車のローンなど購入金額を毎月返済額を決めて支払っていくというものです。

キャッシングとは銀行系や消費者金融系のキャッシング会社から融資を受けるもので毎月決まった金額を返済していきます。以前はキャッシングは少額を借りて、一括で返済するという形をとってきました。それに対してローンは高額なものを購入して分割で返済するというものでした。しかし、現在はローンもフリーローンなど目的は決めずに小口の融資を行うようになり、具体的な線引きは難しくなりました。

カードローンとキャッシングは審査基準も異なります。ローンは一般的には高額な商品の購入を前提としていますから審査が厳しくなります。たとえば住宅ローンを組む場合には保証人、あるいは担保といったものが当然必要になります。ローン先にもよりますがキャッシングより金利が低い場合が多いと言えます。キャッシングの審査も最近は厳しくなってきました。収入や勤務先、勤続年数などは厳しくチェックされますし、個人の信用情報も公開されています。過去に多重債務や返済事故の記録があると審査をクリアするのは難しくなります。

カードローンはリボ払いをする場合が多く、返済額は毎月一定で済むかわりに返済期間が長くなって利息が膨らむというデメリットがあります。金利が低いとは言え結果的にはキャッシングより返済総額が多くなったり、返済しきれず多重債務に陥ったりしますので、注意が必要です。

キャッシング審査なしでもOK 甘い言葉に騙されるな

キャッシング、審査なし、で検索すると無数のサイトがヒットします。<無審査OK>とか<審査甘い>とかキャッシング審査をクリアする自信のない人にとって魅力的なタイトルです。今やどこも不景気でお金に困っている人はいくらでもいます。定職に就いて、安定した収入を得ている人の方が少ないと言っても過言ではありません。多くの人が契約社員だったり、派遣社員だったり、アルバイトや無職の人さえいます。こうした収入の少ない人の多くがキャッシングサービスを利用しています。

キャッシング会社からお金を借りる際には審査があります。キャッシング審査には3つのチェックポイントがあります。まずは収入です。法の改正があってからは年収の1/3が借入限度額と定められました。つまり返済できる範囲の金額しか借りることができないということです。審査の際には源泉徴収や給料明細などの提出を求められます。勤続先や勤続年数も重要です。電話による在籍確認も行われます。そして、もうひとつ重要なのが過去の借入歴です。過去にキャッシング歴があり返済に問題があったり、複数のキャッシング会社から借入を行っていたりすると審査に通りにくくなります。

キャッシング会社には一般的に銀行系、信販系、消費者金融系に分けることができます。銀行系はその資金力ゆえに金利が低いのが魅力的ですが、審査基準が高く、実際に現金を手にするまでに時間がかかります。それに比べると消費者金融系は審査に通りやすく、即日キャッシング可能というのをうたい文句にしています。しかし、審査が甘いと言っても過去にクレジットの事故があるとまず通りません。銀行系にしろ、消費者金融系にしろ、お金を返さない人にはお金は貸さない、これは当たり前です。

実際に審査なしのキャッシング会社など存在するのでしょうか。会社はボランティアではありません。当然なにか裏があるはずです。多くの場合、とてつもない高金利で融資をうけることになります。これは俗にいうヤミ金ですね。審査なしなどという甘い言葉にのせられてお金を借りてしまうと執拗な取り立てにあい、違法業者同士の策略で新たに借金をさせられるという地獄が待っています。こうなったらもう弁護士や多重債務者を支援する団体などその道のプロに相談するしかありません。

就職困難なこのご時世、無職でもキャッシングできる?

この不景気なご時世、自分の希望する仕事に就いている人は何割ぐらいいるでしょうか。正社員という地位を獲得するのは難しく、多くの人が契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなど不安定な勤務形態で仕事をしています。しかし、仕事があるのはまだいいほうです。中には学歴や年齢、経験不足などを理由に職探しにことごとく失敗している人もいます。仕事を失い、生活費もそこをつき、財布の中には小銭だけ、、、、、そんな人はすぐにでもキャッシングサービスを頼って明日を生きるための現金を手にしたいはずです。でもはたして無職でもお金を借りることができるのでしょうか。

キャッシング会社には銀行系、信販系、消費者金融系の三つがあります。銀行系や信販系は実際にお金を手にするまで数日から一週間かかることがあります。消費者金融の場合、店舗を訪れ機械あるいは窓口で免許証などの身分証明書等の必要書類を提出すればその場で現金を手にすることができます。

しかし、法の改正がおこなわれ貸付に規制ができてからは無職の人がお金を借りることはとても難しくなりました。キャッシング会社は未回収を避けるため、返済見込みのない人には絶対融資をおこないません。就職活動を行っていたり、派遣会社に登録しているとある程度は考慮してもらえるかもしれないという情報もありますが信憑性に欠けます。無職の人が運良くアルバイトを見つけキャッシングの申込みをしても半年以上勤務していないと審査の対象にならないという場合もあります。この基準は会社によって異なりますので確認してください。

無職の人はまずハローワークなどで相談されるといいと思います。仕事探しをサポートする助成金などもありますから話を聞いてみましょう。行政を頼ったりなにかしら現在の状況を脱するための糸口があると思いますので、<審査なし><無職OK>など甘い誘惑にのってサラ金から絶対にお金を借りたりしないように気をつけましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >