モビット

キャッシングにつきもののリボ払いとその落とし穴

不景気のせいかキャッシングサービスは以前に比べて身近なものになり、キャッシング会社から融資を受ける人の数が年々増加しています。キャッシングとはお金がないときに手軽にお金を貸してくれるサービスということはわかっていても返済の仕組みなどを知らない人が案外多いのが実情です。

クレジットカードなどで買い物をしたり、キャッシング枠を利用した場合の支払方法にリボ払いというのがあるのは知っていますか?返済方法には3通りあります。一括払い、分割払いとリボ払いです。分割払いとリボ払いの違いをきちんと把握している人は少数です。分割払いはその名の通り借りた金額に対し毎月一定額を決められた期間内に返済するものです。それに対し、リボ払いは毎月のカードの返済額を決めておき、その金額をカード会社に支払うものです。商品の金額に関係なく、1万円と決めた場合には毎月1万円しか返済しなくていいわけですが、全額返済するまで金利分が上乗せされます。

キャッシング会社でローンを組んでお金を借りるとどうしても借金をしたという意識がありますが、クレジットカードのリボ払いの場合はお金を借りたという実感があまりわきません。リボ払いに関してはその問題点を指摘する人が増えています。まず毎月の返済額が変わらないため借金をしているという意識がなくなり、借入がどんどん増えていきます。借入額が増えると返済期間が長くなり、利息分が膨れ上がります。返済総額がわかりにくく、膨大な利息分を支払っていることに気づきにくいのです。結局、利息ばかりを払い続けて元金が減らないということになり多重債務や破産につながっていくのです。

借りたお金を消さなければならないのは当然ですが、その返し方にもいろいろあるということを頭に入れておきましょう。賢く借りて賢く返す、キャッシングはうまく利用すれば大変便利なものです。

不安だらけの初めてのキャッシング これを知っていればこわくない!

世間はどこも不景気で以前ならキャッシングを考えなかったような人がキャッシング会社を訪れるようになりました。人々にとってキャッシングはもっと身近に、利用しやすいものになりつつあります。きちんと返済する、そのルールを守ればキャッシングはそんなにこわいものではありません。そう言われても初めてお金を借りようとする人にはまだまだ分からないことがたくさんあると思います。

まずキャッシング会社は一般的に銀行系、信販系、消費者金融系の三つに分かれます。銀行系は大手銀行が運営しているもので安全性が高い気がします。それに比べて消費者金融は高金利と執拗な取り立てというダークなイメージがぬぐえませんが、実際にはそんなことはありません。法の改正があって以降、無理な貸付ができなくなり、現在では銀行と消費者金融が提携しているところもあり、その線引きはあいまいになってきています。ただそれぞれのメリットは明確です。銀行系は資金力があるため金利が低めですが、その分審査基準が高めに設けられています。消費者金融は銀行系に比べると若干金利が高いですが、その日のうちに現金を手にすることができます。

ただ銀行系にしろ、消費者金融系にしろ、ほいほいお金を貸してくれるわけではありません。回収できる見込みのない人間にはお金を貸しません。あなたがきちんとお金を返す人間かどうか審査によってチェックします。年収はいくらですか?給与明細や源泉徴収の提出を求められ、きちんと回収できるか、十分な収入を得ているかを確認します。また勤務先や勤続年数も重要なチェックポイントです。大手企業や公務員などは有利です。その他にもうひとつ重要なのは信用です。キャッシングが初めてであれば過去の借入歴などないはずですが、クレジットカードの支払いの遅れなども含まれますので要確認が必要です。

このような審査をクリアして初めてお金を借りることができます。あなたがもしキャッシング初心者なら申し込む前に自分が審査をクリアできるかどうか確認してください。むやみに申込をするとその履歴さえもあなたの信用を落とすことになりかねませんので気を付けてください。

主婦やパートでも平気?レディースに優しいキャッシングってある?

キャッシングというと一昔前は男性ばかりというイメージでしたが、現在はキャッシングサービスを利用する女性も多くなっています。この不景気で正社員としての雇用は少なく、女性の場合、契約社員や派遣社員、またはパートという勤務形態になりがちです。十分な収入を得ることができず毎月赤字でキャッシングに頼る人もいます。洋服代やエステ代、食事代と現代の女性はお金のかかることばかり。主婦であれば、食費や交際費の他に子供の教育費や保険などさらに深刻です。お金は必要なのに夫の残業代やボーナスはどんどん少なくなるばかり。そんなときやはり頼りになるのはキャッシングサービスです。

インターネットで検索するとレディースキャッシングなどのタイトルが目につきます。女性のためのキャッシングサービスです。キャッシングの相談をする際に男性だとなんだか話しにくいという人も女性が対応してくれれば安心ですよね。アルバイトやパートの人も定期的な収入があれば融資が可能です。相談してみましょう。また専業主婦で自分の収入がない人もご主人に保証人になってもらえればキャッシングを受けることができます。その場合には夫婦であることを証明する戸籍抄本や住民票などと、ご主人が保証人になることを承諾した書類の提出が必要となります。これをクリアできれば主婦でもお金を借りることができます。

金額にもよりますが、少額でもいいのでしたら、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。また30日間無利息などとうたっている会社もありますし、金利も会社によって違いますので自分にあったキャッシング会社を見つけましょう。くれぐれも甘い言葉に乗せられてヤミ金などに手を出さないようにしましょう。女性というだけで相手はつけこんできますのでトラブルのもとです。

キャッシングで手数料取られてるって本当?

この不景気でキャッシングサービスは私たちにとってとても身近なものになりましたが、まだまだ初心者には知らないことがたくさんあります。よく聞かれるのはキャッシングの際に手数料がかかるかということです。キャッシング会社に融資の申し込みをした際に手数料を取られるということはまずありません。もしとられたとしたらヤミ金などの違法な貸金業者の可能性があります。

一般的にキャッシングの手数料と呼ばれているものは借入をした際にかかる利子のことです。同じ金額を借り入れたとしても会社によって金利が異なるため利子も違ってきます。キャッシング会社は一般的に銀行系、信販系、消費者金融系の3つに分かれます。銀行系は大手銀行が運営するキャッシング会社で資本力があるため金利が低いのが魅力です。一方で消費者金融系は銀行系に比べると若干金利が高くなりますが、申し込んだその日のうちにキャッシュを手にすることができるというメリットがあります。以前は消費者金融は高金利と無理な取り立てでトラブルが多かったのですが現在では貸金法が改正され、銀行系と消費者金融系の線引きはあいまいなものになっています。

たとえばキャッシング会社から一万円を金利18%で借りた場合、翌月返済した場合には利子が162円つきます。この金額のことを手数料と呼ぶ場合があるということです。これはあくまでも一括返済の例ですので分割やリボ払いの場合はさらに多くの利子を払うことになるはずです。手数料とは聞こえがいいですが、実際には元金とは別に支払わなければならない利息分なので返済期間が長期化すれば利息も膨らみますので借金はなるべく早めに返済するようにしましょう。

それ以外にもキャッシュカードで時間外にATMを利用する場合にも手数料がかかります。一回につき105円かかりますので高金利といえます。繰り返し利用すれば大損です。最近ではキャッシングサービスでも一か月以内なら無利息というところもありますので時間外にお金が必要になったらそちらを利用した方がお得かもしれないですね。

上手に借りて上手に返す キャッシングの返済方法をチェック

キャッシングと聞くとちょっとお金が足りない時に手軽にお金を借りることのできるサービスと考えている人が多いと思います。借入可能な金額や金利などは会社によって異なるということも知っておくべきことですが、返済方法についての知識も必要です。キャッシングの返済方法は三つあります。一括、分割、そしてリボ払いです。一括は購入した商品の代金、またはキャッシングした金額を一度に引き落とされることです。分割は決められた期間決まった金額を毎月引き落とされることです。この二つの返済方法は比較的明瞭で理解できない人はいないでしょう。問題はリボ払いです。

リボ払いとはなんでしょうか。リボ払いは毎月のカードの返済額を決めておき、その金額をカード会社に支払うものです。商品の金額に関係なく、1万円と決めた場合には毎月1万円しか返済しなくていいわけですが、全額返済するまで金利分が上乗せされます。返済総額が大変不明瞭で自分が現段階でそのくらい返済できているのかよくわかりません。また毎月決まった額だけが引き落とされるので借金をしているという実感が少なく、借入額がどんどん増えていくパターンが多いのです。自分の気付いていないところで利息分が膨れ上がり、返済期間が長くなるという落とし穴があります。

クレジットカード会社はリボ払いを推奨しますがそれだけ会社側の利益が多いということにあります。リボ払い専用のカードがあるほどです。リボ払いは毎月の返済額が決まっているため計画を立てやすいというメリットもありますが、返済プランをよく考えることが大切です。リボ払いのシュミレーションをしてくれる便利なサイトもありますので利用してみましょう。すでにリボ払いを利用している人は自分の返済内容に驚愕するはずです。

キャッシングを利用する際にはきちんとした返済計画をたて、それにあった返済方法を考えましょう。賢く借りて、賢く返すを忘れないようにしましょう。

キャッシング会社選びのメリットデメリット

人生何がおきるかわかりません。突然お金が必要になることがあるかもしれません。冠婚葬祭、出産、引っ越し、リストラ、倒産、、、考え出したらきりがありません。急にお金が必要になったとき貸してくれそうな人、何人思い浮かびますか?中には誰一人頼る人がいない、なんていう人もいるかもしれません。そんな人たちの強い味方がキャッシングサービスです。

インターネットで検索するとキャッシング会社の数の多さにびっくりするかもしれません。よく聞く社名から全く聞いたことのないものまで、星の数ほどあります。どの会社を選んだらいいのかさっぱりわかりません。一般的にキャッシング会社は銀行系、信販系、消費者金融系の三つに分けることができます。銀行系は大手銀行が運営するキャッシング会社です。資金力があるため金利が低いのが魅力的ですが、審査が厳しく、実際に現金を手にするまで時間がかかることもあります。信販系はクレジットカードなどです。クレジットカードには多くの場合キャッシング枠というものが付帯されています。そして、その他は消費者金融系ということになります。消費者金融というと、高金利と無理な取り立てというダークなイメージがありますが現在はそんなことはありません。法律が改正されてからはむちゃくちゃな利息や取り立てができないことになったので消費者金融系であっても安心してお金を借りることができます。

キャッシング会社は無数にありますが、それぞれの特徴がありますので自分にあった会社を選ぶことが重要です。女性専用のレディースローン、目的別に融資を受けることのできる会社や、法人用のローン、パートやアルバイトの人にも優しいキャッシングなど、それぞれ特徴を打ち出してお客を集めることに一生懸命です。

キャッシング会社はいろいろあり、特徴も様々ですが、一概に言えることは正規の会社であれば必ず審査があり、あなたがお金を返すことのできる人かどうかチェックされます。審査基準の違いはありますが、必ずチェックする項目が三つあります。まず年収。源泉徴収や給与明細の提出を求められ、定期的な収入があるかチェックされます。そして勤続年数や勤務先。大手企業や公務員などはやはり有利といえます。他に過去の借入歴なども調べます。これは過去にキャッシング履歴があるか、その場合きちんと返済できたか、クレジットカードの事故などがないかなどの情報です。

不景気のあおりを受けてキャッシング会社も未回収を避けるために審査基準が厳しくなっている傾向があります。自分にあったキャッシング会社を選び、申込を行う前に審査項目をチェックして問題がないか確認しましょう。

自己破産、多重債務、、、ブラックでもキャッシング可能?

ブラック、キャッシングで検索するとブラックでもお金を借りる方法、ブラックでもOKなどというサイトが無数みつかります。そこには<破産でもOK>、<無審査OK>などという甘い言葉が並んでいます。自己破産などでどこからも借金することができなくなった人にとっては魅力的なタイトルです。冷静にみればそんな都合のいいことはなく、止み金へ導く怪しいサイトであることは明確なのにもしかしてという期待とともにクリックしてしまうのです。

ブラックというのは金融業界で使われる用語でブラックリストという意味です。ブラックリストに名前がある人という意味で使われます。しかし、実際にブラックリストがあるわけではなく、審査を通るのが難しい借入歴の持ち主のことをさします。借入歴とは過去にキャッシングを利用した履歴のことで複数のキャッシング会社を利用していたり、返済が遅れたり、クレジットカードの事故があったりなど信用に関する事柄を表すものです。当然過去に自己破産歴などがあり、お金を返さない人と認識されれば、どこのキャッシング会社の審査も通りません。ボランティアではないのですから、お金を返さない人には誰もお金を貸さないのです。

キャッシングブラックの多くは定職に付けず生活費もままならない人々です。だからこそ、怪しいとわかっていてもついつい甘いキャッチフレーズにのせられてしまうのです。ブラックキャッシングOKなんて言葉にのせられてお金を借りてしまったらどうなるのでしょうか。執拗な借金の取り立てにあい、家族や友人を失うだけでなく、最終的には破産や自殺に追いこまれるケースもあります。

もしもそのようなトラブルに巻き込まれてしまった場合、弁護士に相談しましょう。弁護士のもとで債務整理を行い、違法な取り立てに対抗しましょう。弁護士費用すらないという人は借金トラブルを専門に支援しているNPO法人などに相談してみましょう。違法業者の撃退法を教えてくれたり、仲介を行ってくれるはずです。くれぐれも甘い言葉にのせられて、ヤミ金などからキャッシングをしないことが大切です。

キャッシング、興味あるけどローンの返済は月々いくら?

生きていると突然お金が必要になることが多々あります。冠婚葬祭、引っ越し、出産、入院、何がおこるかわからないのが人生です。その上、最近の不景気で給料は下降気味。必要なときに必要十分なお金がないということが起こり得ます。お金を貸してくれる人間がまわりにいればいいのですが、そう都合よくもいかないはずです。そんなときに頼りになるのがキャッシングサービスです。キャッシングとはキャッシング会社からお金を借りてローンを組むことですが、以前に比べてその敷居は低く、多くの人が手軽に利用しています。

キャッシング初心者がまず知りたいのはいくら借りることができるのかということと毎月の返済額はいくらになるのかということでしょう。実はそれは各自の年収によって異なります。法の改正があって以来、借入限度額は年収の1/3までと定められました。会社側もそれ以上貸し付けることはできません。また限度額いっぱいまで融資可能なのはきちんとした収入の保証がある人に限るので、アルバイトやパートなどの場合ですとハードルは若干高くなるかもしれません。ですので、実際に審査を受けてみないと自分の毎月のローンの返済がいくらになるのか正直わかりません。

ただ安心して欲しいのは以前のような無理な貸し付けをして、そのあと執拗に取り立てるという図式はもうないということです。キャッシング会社側も未回収なんてことになるは避けたいので毎月返済できる金額以上は貸してくれません。キャッシング会社の窓口で相談すればいろいろアドバイスをくれるはずです。自分の年収や毎月必要な出費などを申し出ると毎月返済が可能な金額を計算してくれるはずです。

キャッシングと言っても結局はローンを組むわけですから不安になるのも無理ないと思います。キャッシング会社を選ぶ際には金利や審査基準などをチェックして自分に合った会社を選ぶようにしましょう。無理をせず、必要なお金を手にすることが理想です。

アルバイトでもキャンシングでお金を借りれるの?

この不景気なご時世自分の希望通りの仕事に就いたり、勤務形態を選んだりすることは難しくなっています。もはや正社員というステイタスを得られるのは少数派で実際には契約社員や派遣社員、パートやアルバイトが大多数だと言われています。とくにアルバイトは自由な勤務形態という利点はありますが、収入の面では不安が多いはずです。冠婚葬祭や引っ越し、入院など急にお金が必要になった場合にはどうしたらいいのでしょうか。身内や友人などを頼って工面できる人はわずかだと思います。そんなときに頼りになるのがキャッシングサービスですが、アルバイトでもお金を借りることができるのでしょうか。

答えから言いますとイエスです。むろん高額な年収のある人に比べるとハードルは高いと言えますがアルバイトでも定期的な収入があれば不可能ではありません。ただし、借入できるキャッシング会社は限られてきます。通常キャッシング会社は銀行系、信販系、消費者金融系の3つに分けることができます。銀行系はその資金力による低金利が魅力的ですが、その分審査も厳しく、時には保証人が必要な場合もあります。アルバイトの人がキャッシングを考えるときにはおそらくすぐに現金が必要という場合が多いと思いますので、やはりおすすめするのは消費者金融系のキャッシング会社です。

消費者金融と聞くとマイナスなイメージがありますが、昔に比べ今は法の改正により無理な貸し付けはできなくなっているので、とくに不安を感じることはありません。銀行系のキャッシングに比べると金利は高くなってしまいますが申し込んだその日のうちに現金を手にすることができます。ただし、どこのキャッシング会社にしても共通して言えることは返済を見込めない人にはお金は貸さないということです。キャッシング会社は決してボランティアではありません。

申込をすると必ず審査があります。審査には3つに重要なチェックポイントがあります。まずは年収。返済の見込みがあるのか。源泉徴収や給料明細など収入を確認できる書類の提出を求められます。その他にも勤務状況をチェックされます。勤務先、勤続年数など、電話による在籍確認が行われます。そしてもうひとつ重要なのが過去の借入歴です。他社での借入歴、複数の借入先、クレジットの事故、借金の滞納などの信用確認が行われます。こられの審査をクリアできればアルバイトでも十分にお金を借りることができる可能性があります。

まず情報を集め、自分に合ったキャッシング会社を探してください。一度に複数の申し込みをすると審査が厳しくなる場合が多くありますので慎重に会社選びを行ってください。

ナニが違う?銀行「系」キャッシングと、銀行キャッシング!

貸金業法が改正して以降、消費者金融業界は再編が急ピッチで進みんでいます。これまで聞きなれてきた、大手消費者金融業者の合併や吸収が相次ぎ、このため、業務形態が変わったり、名前が変わるなど、利用者にとって、混乱が起こる原因となっているようです。

特に、ここ数年は、消費者金融と銀行の業務提携や吸収合併が次々と発表されました。これまで「キャッシング」というと、クレジットカード会社や、消費者金融からの現金借入をさすことが多かったのですが、最近は「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」という呼び名が新たに加わりました。

名称が似ているために、混同されがちですが、「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」は別のものです。
具体的には、「銀行キャッシング」は、「銀行が行っている貸付」ですが、「銀行系キャッシング」は「銀行から出資を受けて営業している消費者金融の行う貸付」のことです。

銀行系キャッシングは、消費者金融からの貸付になります。従って、信用保証情報での記載も消費者金融からの借入となって、総量規制の対象となります。金利面でも、基本的には消費者金融の貸付相当の基準となります。審査が比較的通りやすく、申し込んだ即日にキャッシングを利用できるなどの、スピーディーさが利点といえます。

対する銀行キャッシングは、銀行からの借り入れですから、貸金業法の対象にはなりません。銀行からの借り入れの特徴として、審査が消費者金融よりも厳しい傾向があり、借り入れが決定するまでに時間がかかる(基本的に即日融資は難しい)反面、金利面では消費者金融よりも低く抑えられるというメリットもあります。

このような特徴を踏まえると、銀行系キャッシングは、緊急的な少額のお金を工面するのに適しており、銀行キャシングはまとまった金額を借り入れてある程度長期的に、返済していくような利用方法に向いているといえるかもしれません。

近年、銀行による借り換えのローンが盛んにPRされています。銀行キャッシングのこのような利用方法は、銀行キャッシングの特色から、理にかなった面があるといえます。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >